SERVICE

ご提供サービス

財務デューデリジェンスサービス

財務・税務のアプローチから対象会社の調査を行い、リスクを洗い出します。


M&Aを行う際には多種多様なリスクが存在します。例えば「よく調べないで買収したら実は利益がまったく出ていなかった」、「隠れた債務があった」といったケースがよく聞かれます。そこで、M&A実行前に対象企業のことをしっかりと理解し、存在するリスクを事前に把握した上で対策を考える必要があります。


そこで、豊富な経験・ノウハウをもとに、専門家が財務・税務のアプローチからデューデリジェンスを行い、対象会社の調査を行います。また、デューデリジェンスと併せて企業価値評価(バリュエーション)を行う場合もあります。


TOMAのデューデリジェンスの強み

総合コンサルならではの包括的なデューデリジェンス・バリュエーション

TOMAはワンストップサービスを強みとしており、多様な専門家のノウハウが集結しています。財務・税務のデューデリジェンスはもとより、社会保険労務士による労務デューデリジェンスを行うことも可能です。さらに、外部の提携弁護士と連携して法務デューデリジェンスを実施するケースもございます。複数の専門家によるチェックにより、情報の精度が高まり、適正な買収契約や価格設定を実現することが可能となります。

サービスのモデルプラン

コーポレート・デューデリジェンス

スタンダードな財務税務デューデリジェンス(フルスコープ・デューデリジェンス)に加えて、さらに幅広いリスクの抽出を目的とし、M&A論点(会社・ビジネスの概要、事業計画、株主・役員・従業員の状況、対象会社を取り巻く内外の状況等)についても、調査対象とすることにより、幅広く概括的なポイントを調査いたします。

また、買収後の経営統合(PMI)に関する論点を含んだ内容になっており、対象会社の内部管理体制の現状把握を行うとともに、業務プロセスや会計方針の統合等、買収後を見据えた経営統合のポイントをご提案いたします。

初めてM&Aを行う際に、M&A成立後をも見据えた調査としてお勧めしております。

フルスコープ・デューデリジェンス

スタンダードな財務デューデリジェンスです。
貸借対照表(B/S)上の時価純資産額の算定に加えて、損益計算書(P/L)分析による正常収益力の把握を実施いたします。また、税務上のリスクの洗い出しを行います。

バランスシート・デューデリジェンス

簡便的な財務デューデリジェンスです。
貸借対照表(B/S)上の時価純資産額の算定をメインに調査を行います。
費用を押さえたい場合やスピード感を重視している場合に適した内容となっており、損益計算書(P/L)については調査対象外となります。

セルサイド・デューデリジェンス

上記の3プランはM&Aの買手側の目線ですが、売手側から自社のデューデリジェンスを行うことも可能です。第三者によるデューデリジェンスを事前に行うことにより、M&A実施における自社のリスクを把握し、対応することでその後のM&Aをスムーズに運ぶことができます。買手が複数存在する場合、特に有効となります。

無料相談・お問合せ

ご相談の流れ

  1. ご面談・ご相談の後、ご契約
    まずは、面談にて現状の把握を行います。その後、提示させて頂いた内容にご納得いただけましたら、ご契約となります。
  2. 対象会社の資料精査
    対象会社へ資料請求を行い、資料開示とともに内容を精査いたします。精査後、資料を共有いたします。
  3. 対象会社へのインタビュー実施
    開示資料をもとに対象会社の代表者等へインタビューを行い、対象会社への理解をさらに深めるため調査を進めます。
  4. 報告会の実施
    最終的に報告会を実施し終了となります。スケジュールとしてはデューデリジェンスの開始から報告会まで、基本的に3週間~1か月程度になります。

関連ブログ

初めての方 閉じる