SERVICE

ご提供サービス

MAS監査サービス

「未来からの逆算」が成功の秘訣


「経営が思い通りにいかない」というお悩みを抱える企業には、「経営計画がない、あっても満足な計画が作れていない」というケースが多くあります。


経営者の夢を叶えられる、目標を達成できる経営体質をつくる上で重要なことは、“未来を考えてから始める”ことです。そして、目標達成できる骨太の企業体質をつくるためにもっとも必要とされるツールが『未来会計』です。通常の会計は、変えようのない過去の実績を集計した「過去会計」ですが、『未来会計』は、これから、「経営者が積極的な意思を持って創っていく未来」を描くための会計です。


TOMAでは『未来会計』をサポートする「MAS監査」(MAS:マネジメント・アドバイザリー・サービス)をご提供しています。


『未来会計』=シンプルな成功の方程式=「計画」+「実行」+「検証と軌道修正」

1.「計画」:経営者に寄り添い、経営のパートナーとして語り合い、夢や目標を引き出しながら、“経営者の強い意思”を込めた経営計画の作成を支援します。
2.「実行」:着実に計画を遂行していくための経営管理サイクルの確立支援と伴走支援を行います。
3.「検証と軌道修正」:予実の差異分析と対策、投資計画の見直し、資金繰り対策、決算対策など状況に応じた軌道修正を行いながら、目標達成までの道のりを伴走型でサポートいたします。

TOMAのMAS監査の4つの強み

1. 未来会計の導入をサポート、成功へと導きます

『未来会計』では、まず最初に、自社の“理想とする未来”と現状の差をしっかりと認識して、問題や課題を抽出し、達成すべき目標(中期経営計画・単年度経営計画)を作成します。そして、その目標達成のために日々の問題・課題をタイムリーに解決していく一連のサイクルを仕組み化した経営手法です。

企業経営における一般的な会計は、“すでに起きた”過去の結果から試算表や決算書を作成して、財務上の分析・課題抽出を行います。

一方、『未来会計』では“これから実現すべき”未来の決算書を作成し、そこから逆算して目標達成に必要な各種計画の策定を行います。『未来会計』の非常に優れている点は、理想と現状との差を把握した上で、「いま、何をすべき」ということを明確にできることです。

厳しい経営環境のなかで中小企業が生き残っていくために、私たちは、『未来会計』が不可欠であると考え、MAS監査を提供しています。 多くの企業の会計・財務に携わるプロとしての経験と専門性、自らも『未来会計』を行うなかで培ったノウハウで経営者に寄り添いながら多角的に経営のお手伝いをさせていただきます。

2. 経営計画の作成をマンツーマンサポート

経営者の夢や目標の達成に不可欠な「経営計画」をつくるうえで、経営者自身が「本気で取り組む」「絶対に成し遂げる」という強い意思を込めることが大切です。

TOMAでは、経営者自身が自社の未来についてじっくりと考え、強い意思を込めた経営計画を作成するために、日常の業務と環境から離れた「場所」と「時間」と「マンツーマンサポート」を提供します。自社の現状分析から、未来の損益計算書・貸借対照表・キャッシュフロー計算書を含む中期5ヶ年計画の策定を専任のコンサルタントがマンツーマンでサポートします。 経営者の思い描く自社の未来像を整理して、熱い想いを形にするお手伝いをいたします。

3. 経営管理の仕組みを構築します

中期経営計画、単年度計画、行動計画などの経営計画を作成した後は、計画に沿って行動し、評価・見直しを繰り返していきます。この行動と評価・見直しを適切に行っていくためには、適切な経営管理が不可欠です。

経営管理の仕組みが定着していかなければ、どんなに良い計画を作成しても機会損失を減らしていくことはできず、理想と現実との差が一向に埋まっていきません。進捗管理、効果測定、評価、計画の見直しというPDSサイクルを定着させ、理想以上の成長を遂げる会社へと導きます。

4. TOMAの専門家ワンストップ体制による総合的な課題解決力を活用できます。

進捗管理、効果測定、評価、計画の見直しというPDSサイクルを繰り返していくと、計画通りに進まない場面が必ず出てきます。なぜうまくいかなかったのかを分析し経営課題を明確にして、解決方法を検討していかなければなりません。TOMAの多様な分野の専門家によるワンストップ体制で、総合的に経営課題を解決するための提案をさせていただきます。

MAS監査サービス内容

TOMA将軍の日(中期5ヶ年経営計画策定セミナー)

本セミナーでは、自社の経営環境を見つめなおし、今後の戦略や具体的な行動計画を含む中期経営計画書を1日かけて作成します。

✔ 自社分析~自分を正しく知る―敵を知り己を知れば百戦危うからず
SWOT分析をもとに、自社の強み・弱みを整理します。

✔ 経営理念~熱意・信念を持つ―ゆるぎない信念は目的の特定から
経営者の将来のビジョンを明確にします。

✔ 5ヵ年数値計画~前向きな数値を持つ―チャレンジなくして成長なし
実際に、中期経営計画を作成していきます。

社長伴走型MAS監査

目的は経営者の目標達成の実現です。以下について支援いたします。

✔ トップダウン方式の数値計画・行動計画の策定
1. 中期経営計画の策定
2. 単年度経営計画の策定
3. 行動計画の策定

✔ 社長の伴走
1.数値計画の予実対比
2.行動計画の検証

組織伴走型MAS監査

目的は幹部や社員の参画経営を実現し、強い会社に成長させることです。次の内容について支援いたします。

✔ ボトムアップ方式の数値計画・行動計画の策定
1.中期経営計画の策定
2.単年度経営計画の策定
3.行動計画の策定(部門目標・個人目標)
4.経営計画発表会

✔ 会議の伴走
1.数値計画の予実対比
2.行動計画の検証

無料相談・お問合せ

料金・価格

契約形態 価格
TOMA将軍の日 (中期5ヶ年経営計画策定セミナー) 5万円
社長伴走型MAS監査 10万円~
組織伴走型MAS監査 15万円~

よくあるご質問

未来の事はよくわかりません。経営計画を作ってもその通りにいかないから意味がないのではないでしょうか。

経営計画を作成することで、企業が現在持っているリソースを最大限に活用し、将来に向けて準備することができます。思った通りにいかないということは、目標と現実の間に差が生じている状態です。そこには必ず課題があります。その課題を放っておけば問題として残り、経営に悪影響を及ぼします。課題を解決すれば価値となり、経営に良い影響を及ぼします。

経営計画の重要性は分かっているが時間がありません

TOMAでは、日々忙しい経営者の皆様のために、1日で経営計画を立てる中期5ヶ年経営計画立案セミナー「将軍の日」をご用意しております。丸1日、日常業務から離れる時間を作り、自社を取り巻く経営環境を客観的に見つめ直しながら、「次の一手」となる戦略の立案に専念していただくことができます。経営計画をつくるということは、目を先に向け、未来を創り出すための大変重要な仕事なのです。お気軽にご相談ください。

なぜMAS監査を導入する必要があるのでしょうか?

MAS監査は、経営計画を立て、それを実現するために必要な課題や問題を抽出し、実際に改善や実行を行い、その結果がきちんと出ているかを検証する、未来のあるべき姿を実現させるための経営サポートです。MAS監査を導入することで以下のような効果があります。

●自社が目指す理想像を定めることで、経営者にとって“信頼できる指針”ができ、経営判断にブレが生じない
●経営者自身の目標や想いを社員に周知・浸透させ、全社員が共有しながら目標実現に向かう組織体制を構築できる
●目指すべき理想像と現状との差を把握することで、中長期的な経営計画を具体化できるだけでなく、「いま、何をすべきか」という日々の行動指針も明確化できる
●将来のキャッシュフローを予測することで、今後のお金の流れを明確にでき、設備投資や借入など、将来を見据えた経営判断を行える

ご相談の流れ

  1. ご面談・ご相談
    まずは簡単なヒアリングにより貴社の経営課題をおまとめし、 貴社の現状に沿った経営支援のご提案をさせていただきます。
  2. 現状分析
    〇思いの共有
    ・経営理念の確認
    ・ビジョンの確認
    〇内部環境分析
    ・財務分析
    ・KPI分析
    ・経営機能分析
    〇外部環境分析
    マクロ環境、ミクロ環境から重要な「機会」と「脅威」の特定
  3. 計画作成
    〇将軍の日(中期経営計画)
    年に1回これからの5ヶ年について将来構想を考えます。
    〇軍議の日(単年度経営計画)
    1年間戦うべきテーマと数値目標を明確にします。
    〇参謀の日(部門別計画)
    幹部や全社員を巻き込み、参加型の目標設定を行います。
  4. 予実管理
    予実管理・先行管理資料を用いて経営計画との差異分析、差異対策の検討を支援、 目標達成に向けた達成管理を行います。

    計画(Plan)→実行(Do)→評価・見直し(See)のPDSサイクルを定期的にしっかりと回すことができるようサポートいたします。社長伴走型MASと組織伴走型MASの2つのプランをご用意。会社の経営課題に応じた経営支援設計を行います。組織伴走型MASでは会議支援のサポートも行います。

関連ブログ

初めての方 閉じる