経営・財務・企業再生ブログ

ビジネスリーダーに最適な睡眠時間とは?

2019/11/12

睡眠のもたらす様々な効力

 「快い眠りこそは、自然が人間に与えてくれたやさしい、なつかしい看護婦である」
ウィリアム・シェイクスピアの名言です。ここ数年で睡眠のもたらす様々な効力が検証されており、質の良い睡眠は、体だけでなく心をも修復してくれることが認められています。また、学会のガイドラインにおいても睡眠時間を確保することは推奨されており、「個人差はあるものの、必要な睡眠時間は6 時間以上8時間未満のあたり」(健康づくりのための睡眠指針 厚生労働省2014) と示されています。しかし、ベッドで快い眠りについていても仕事が片付くことはありません。
 歴史に名を残す偉人達には、ショートスリーパーと呼ばれる、日々の睡眠時間が6時間未満でも平気な恵まれた体質の持ち主が多くいます。はたしてビジネスリーダーに最適な睡眠時間とは何時間なのでしょうか?  労働時間と引き換えに睡眠を犠牲にすべきなのでしょうか?

世界のビジネスリーダーの睡眠時間は?

 世界のビジネスリーダーや偉人達の睡眠時間は人によって様々です。相対性理論で有名なアインシュタインは毎日10 時間以上眠っていたとされています。一方で、アメリカ合衆国大統領のドナルド・トランプ氏や、ソフトバンクグループの孫正義氏は毎日3~4 時間しか眠らないそうです。そんな中、Amazon.com のジェフ・ベゾス氏は一般的な睡眠時間である8 時間睡眠を強く推奨しており、「8時間眠ると1日ずっと調子良く過ごせる」と話しています。

自分の内なる声に耳を傾けるべし

 世界のビジネスリーダー達から学べることは、人によって最適な睡眠時間は様々であるということです。自分に適していないのにも関わらず強引に睡眠時間を短くしてしまうと、むしろ生産性が下がってしまう可能性が高いでしょう。
 まず、自分に適した睡眠時間を見つけましょう。次に、理想的な1 日のタイムスケジュールを書き出してみます。その後、1日が終わった時に、その日1日を理想の時間の使い方ができたのか振り返る習慣を作ると、生産性は格段に向上します。大切なのは、自分の内なる声に耳を傾け、最適な睡眠時間を見つけ出すこと。そして、起きている時間を最大限活用することです。


★TOMAの経営・財務・企業再生サービス → https://toma.co.jp/service/management/

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。