病院・医院経営ブログ

消費税仕入控除税額の確定に伴う補助金・助成金の返還

2021.05.18

2021.05.18

この記事のPOINT

1. 補助金の実績報告完了後、補助金に係る消費税を返還する場合がある
2. 返還が必要な事業者と、必要ではない事業者がいる点に注意

実績報告における注意点

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、これまで感染拡大防止や医療体制確保など、様々な補助金・助成金が交付されました。

これらの補助金には、対象期間終了後に補助金の額を確定させるため、厚生労働大臣・各都道府県知事等に実績報告が必要なものがあります。これにより補助金の額が確定しますが、事業者によっては、この報告完了後に行うべきことがあるため注意が必要です。

実績報告完了後に補助金等に係る仕入税額控除が確定した場合には、遅くとも事業完了日の属する年度の翌々年度6月30日までに、厚生労働大臣等に報告しなければなりません。そして、補助金に係る仕入控除税額を国庫等に返還しなければなりません。

なぜ返還する必要があるのか

補助金による収入は、消費税の課税対象外取引とされ、消費税の適用の対象とならない取引です。そのため、補助金収入には消費税が含まれておりません。

しかし、当該補助金収入により空気清浄機などの備品を購入した場合は、課税対象取引となり、原則課税で消費税額を計算する事業者の場合、仕入税額控除の適用を受けることとなります。

消費税を預かっていないにも関わらず、仕入税額控除の適用を受けることになるので、これを精算するために、税額を報告し返還する必要があります。

返還が必要な事業者と不要な事業者

前述の通り、事業者が原則課税の場合、補助金に対応する仕入控除税額の返還が必要です。一方、事業者が簡易課税の場合、課税仕入に係る支払対価の額は消費税の納税額に影響を及ぼさないため返還の必要はありません。

また、免税事業者の場合は、消費税を納める必要がなく、仕入税額控除の適用もないことから返還は不要となります。返還の必要があるかどうか、またその金額等、より詳細な情報をお求めの際は、お気軽にTOMAまでご相談ください。

◆開業支援、節税、経営改善、承継…医療機関支援30年以上のノウハウでサポート。

 

◆医療機関が元気になる話題を毎月お届けする、TOMAのメールマガジンです。

 

◆心強い「共同経営者」として貴院の経営をきめ細やかにサポート致します。

 

<監修者>

田村 信勝

・TOMAコンサルタンツグループ株式会社 取締役
・TOMAコンサルタンツグループ
・TOMA税理士法人 税理士 税務調査士

経歴

病院やクリニック、調剤薬局といった医療関連の顧問先を中心に、医療経営指導・節税指導・記帳指導・医療法人設立指導・資金繰り相談・リスクマネジメント・医業承継対策など顧問先へのトータル的なコンサルティング業務を展開している。税や会計の範囲を超えた医療機関の経営アドバイザーとして広く貢献中。

現在の業務内容

◎医業経営指導
◎税務調査対応
◎医業承継対策

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。