海外展開企業向け会計&税務情報

シンガポール法人の清算など【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】

2017/10/13

タグ: シンガポール 海外展開企業向け会計&税務情報

税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回はシンガポール法人での活動を停止するときに、どのような手続きを踏めばよいのかについてご説明をします。

検討すべき選択肢はいくつかあります。

以前も本ブログでご紹介しております。下記のブログもご覧ください。

シンガポール事情~No.5「会社の精算手続について」【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】

 

 

【Strike off(ストライク・オフ)】

これは、シンガポールの登記局(ACRA)へシンガポール法人の登記を抹消する手続きをいいます。

申請する前に、納税や買掛金等の債務の弁済を行い、資本を払い戻すなどして、負債ゼロ、資産ゼロの状態にしてから申請を行います。

Strike off申請の要件を満たすためには、下記のWebsiteに記載されている要件を満たす必要があります。

https://www.acra.gov.sg/components/wireframes/howToGuidesChapters.aspx?pageid=1323#1324

 

【Members’ Voluntary Winding up(任意清算)】

これは、会社で清算の意思決定をして、清算人の下に会社法で定めたルール通りに会社を閉じる手続きをいいます。

清算手続きには、債権者から申し出る場合と裁判所命令による場合もありますが、実務で多く用いられるのは、上記の清算手続きです。

清算までは1年程度かかるといわれています。

詳細は、下記のWebsiteをご覧ください。

https://www.acra.gov.sg/components/wireframes/howToGuidesChapters.aspx?pageid=972#973

 

 

【Dormant Company(休眠会社)】

これは、会社を閉じるのではなく休眠状態にしておくことをいいます。休眠と認められるには、基本的に会計帳簿に取引の記載がないことが求められます。詳細は割愛しますが、将来事業を再開するかもしれない場合は、休眠状態にするケースも散見されます。

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

 

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/tomaglobal/

 

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

https://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

11月9日(火)14:00~17:00

(中小企業向け) 連結会計導入セミナー

https://toma.co.jp/seminar/h291109/

 

 

11月17日(金) 14:00~17:00 

シンガポール進出 最新事情セミナー〈2017年 秋〉

https://toma.co.jp/seminar/h291117/

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

 

お問い合わせは、

toma@toma.co.jp

まで。

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。