人事・労務ブログ

夏季休暇や年末年始休暇は与えなければならない?

2016/08/01

タグ: 人事・労務Q&A 人事・労務ブログ

Q:夏季休暇や年末年始休暇は与えなければならない?

 

A:法律上与えなければならない義務はありません。労働基準法において、週1日または4週で4日の休日が確保されていれば、夏季休暇や年末年始休暇、祝日などを休ませる必要はありません。但し、このような労働条件の差異が、他社と比較して大きいと、優秀な人材を確保できないことにもなるので、一般的には多くの会社で付与しているのが現状です。

 

「休日」は、就業規則に必ず規定を設けなければならない事項の一つです。自社の就業規則内容を今一度確認し、必要に応じて規定の見直しを行いましょう。TOMAグループでは就業規則見直しサービスを承っております。

詳しくはこちら↓

https://toma.co.jp/services/human/shugyokisoku

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。