相続・事業承継ブログ

「お盆」はご家族・親族と相続について話せる貴重な機会です!

2021.07.30

2021.07.30

お盆休みで、ご家族・親族同士、顔を合わせることも増えるでしょう。離れて暮らす親族が顔を合わせるこの貴重な機会に、相続について話し合ってみてはいかがでしょうか。今回は、行事などで集まった親族に、相続についてお話しする際のポイントや注意点などを解説します。

大切な終活。相続についてじっくり話しておきましょう

相続対策をできるだけ早く始めるには、まずは、相続について自分の考えを、家族と共有しておくことが大切です。家族が集まって話す機会を作るのが難しいご時世ではありますが、お盆やお正月など、家族が集まる機会に話をしていきたいものです。
一部の家族だけに相続の話をすることで、トラブルが起きてしまうことがあります。こういったことも、季節行事の際に話をすれば、公平感があり、トラブルの回避につながります。
万が一、急に相続が始まってしまうと、その後の事務処理は相続人にとって必要以上に手間がかかるため、事前の話し合いは重要です。

相続について家族と話をする際には、『家族の意見が、自分と同じとは限らない』ということを心にとめておきましょう。例えば、自宅はいずれ息子が住むだろうと思っていたら、当の息子は自宅に戻るつもりはなく、売却しようと考えていたなど、意見が一致しないことは珍しくありません。
お盆などで家族が集まる機会に、相続に関する自分の考えを少しずつ伝えていくことも、大切な終活の一つです。

財産の内容と、大切な書類の保管場所を確認しましょう

もちろん、財産内容によって話すべきことは変わりますが、下記の内容は、共通して伝えておくとよいでしょう。

●自分の財産の内容と価値について
●不動産を誰に相続してもらいたいと思っているか
●預貯金の相続手続きをどうするか
●相続税はかかるのか、いくらになりそうか

このほか、所有している不動産の所在等や通帳、株券、会員権、生命保険の証券、場合によっては借用書、連帯保証契約書などについても、事情や保管場所をあらかじめ伝えておくとよいでしょう。
相続は人生の総括の一つです。家族や親族と、心を開いて話すことから始めましょう。

ご不明な点がございましたら、下記よりご相談ください。

◆相続専門の女性コンサルタントがご相談を承ります。

 

◆大切な資産を守り、引き継ぐために…TOMAの専門家によるメールマガジンです。

 

◆税理士、行政書士など各分野の専門家集団が総合的にサポートします。

 

 

<監修者>

大谷 亜紀

・TOMAコンサルタンツグループ
・TOMA税理士法人 資産税部部長 税理士

【経歴】 

資産税専門の税理士として、数多くの相続税申告、相続税の節税対策に関与している。近年、米国で国際相続の講師を務め、海外からの相談も数多く受けている。得する相続対策だけでなく、親族間での相続トラブルの回避など、対策をされる方と相続される方の両方の立場に立った親身な対応に定評がある。

【現在の業務内容】

◎相続税申告
◎相続対策
◎事業承継対策

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。