BLOG

専門家によるブログ

海外展開企業向け会計&税務情報

日本市場シュリンク(Shrink)現象? その3 ~シンガポールと日本の法人数増減比較~【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】

記事作成日2017/10/10 最終更新日2018/06/05

X
facebook
copy

[小冊子03:海外赴任と外国人雇用]

【はじめに】

今回は、以前本ブログに掲載した「日本市場シュリンク(Shrink)現象」についての続編を記載します。

以前のブログは下記の通りです。

第1回

日本市場シュリンク(Shrink)現象? ~シンガポールと日本の企業数増減比較~【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】

第2回

日本市場シュリンク(Shrink)現象 その2~日本も法人数が上昇に転じる~ 国税庁 会社標本調査結果より【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】

 

【日本の法人数は微増】

最新の日本の国税庁の会社標本調査結果によると、日本の法人数は平成22年度から3年連続で減少していましたが、直近の平成25年度分のデータからは反転して上昇に転じました。しかしながら、微増の状態が続いています。昭和の時代は増加率8%のときもありました。

西暦 和暦 法人数 増減率
2008 平成20年度分 2,597,108 0.350%
2009 平成21年度分 2,610,709 0.524%
2010 平成22年度分 2,580,354 -1.163%
2011 平成23年度分 2,570,490 -0.382%
2012 平成24年度分 2,525,984 -1.731%
2013 平成25年度分 2,585,732 2.365%
2014 平成26年度分 2,605,774 0.775%
2015 平成27年度分 2,630,436 0.946%

 

【シンガポールの法人は2%台の増加】

シンガポールの統計です。ACRA(Accounting and Corporate Regulatory Authority、企業を監督し登記を管理している官庁)のBusiness Statisticsによると下記のとおり法人数は増加傾向にあります。

西暦 法人数 増減率
2016.6 300,324
2017.6 307,911 2.526%

 

【私見】

現在日本は景気がよいといわれますが、それでも法人数の増加は1%にも満たない状況です。

シンガポールの法人数は約300,000程度です。しかし、人口500万台のシンガポールですので、日本の人口数で考えると約6,000,000となり、日本の2百万台よりはるかに大きな数字となります。日本は起業する方が少ないのかもしれません。

シンガポールの経済が絶好調でもないにもかかわらず、法人増加数で日本がシンガポールに負けてしまうのは残念な気がします。

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/tomaglobal/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

https://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

11月9日(火)14:00~17:00

(中小企業向け) 連結会計導入セミナー

https://toma.co.jp/seminar/h291109/

 

11月17日(金) 14:00~17:00

シンガポール進出 最新事情セミナー〈2017年 秋〉

https://toma.co.jp/seminar/h291117/

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、

toma@toma.co.jp

まで。

 

 

初めての方 閉じる