経営・財務・企業再生ブログ

【意思決定】納得度・満足度の高い合意形成とは

2017/02/17

タグ: 意思決定 経営・財務・企業再生ブログ

スムーズな意思決定のためには、合意形成が必要です。今回は、より納得度・満足度の高い合意形成の種類について紹介いたします。

  過半数
  「挙手や投票によって決めた合意」を“過半数”と表現しています。

  折衷案
  「全員の意見を取り入れたアイディアによる合意」を“折衷案”と表現しています。

  ベターアンサー
  「これまでの選択肢よりは良いという代替案による合意」を“ベターアンサー”と 表現しています。

  完全一致
  「全員が賛成した合意」を、“完全一致”と表現しています。全員が積極的に賛成する状態です。誰も何も意見を挟まない合意で、なかなかあるものではありませんが、合意の満足度は100%です。

 より満足度の高い合意を目指していくことが、意思決定後の実行スピードを高めてくれます。

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。