人事・労務ブログ

病気がちな社員が、休職と復職を繰り返している場合、退職させることができない?

2016.09.08

2016.09.08

Q:病気がちな社員が、休職と復職を繰り返している場合、退職させることができない?

 

A:複数回にわたり休職を繰り返している社員に対しては、概ね2通りの方法で退職させることが可能です。 1つは病気による正常な労務提供不全を根拠とする解雇、もう1つは、休職に通算規程を設け、複数回の休職を1つの休職期間として取り扱うようにすることで休職期間満了へ導く方法です。

 

後者の「休職期間満了へ導く方法」は、就業規則に「休職期間満了後、復職できない場合は自然退職とする」旨の規定を設けることで、解雇として取り扱うのではなく、自然退職扱いとすることが可能となります。いずれにせよ、解雇における労使トラブルは就業規則にしっかりと規定を設けることで、未然に回避できるケースが多いです。

TOMAグループでは就業規則見直しサービスを承っております。

詳しくはこちら

https://toma.co.jp/services/human/shugyokisoku/

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。