? 助成金無料診断サービスお申し込みフォーム|TOMAコンサルタンツグループ株式会社

助成金無料診断サービスお申し込みフォーム|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

助成金無料診断サービスお申込みフォーム

  • 従業員に研修を受けさせた場合
  • 事業活動を縮小した場合
  • パートを正社員にした場合
  • 子育て期の従業員に短時間勤務を認めた場合

こういった場合、助成金を受給できる可能性があります。

企業が「雇用の維持」、「雇用改善」、「雇用創出」などの措置を行う場合、国はこうした企業を積極的に支援するため、各種助成金・奨励金の補助を行っています。助成金を上手に活用することで、企業を活性化させることができます。
しかし、これら助成金には多くの種類があり、「自社ではどのような助成金が受給可能であるのか」わからないものです。まずは、下記アンケートを通じて、貴社に受給可能性のある助成金を検索し、活用の道を探ってみてはいかがでしょうか。

該当する項目にチェックをつけ、送信ボタンを押すと送信されます。
後日、弊社担当者より、ご利用できる助成金についてご提案させていただきます。
(このページを印刷し、FAXしていただいても結構です)

助成金無料診断サービスお申込みフォーム

氏名(必須)
会社名(必須)
業種
従業員数
電話番号  半角英数字で入力してください - -
FAX番号  半角英数字で入力してください - -
E-Mail(必須)  半角英数字で入力してください
定年延長や定年制廃止、
継続雇用制度導入などを予定している。
    
高年齢者や、母子家庭の母、震災被災者、
その他の就職困難者の雇用を予定している。
    
公共職業安定所が紹介する労働者を
短期間、試験的に雇用する。
    
派遣労働者や年長フリーター、
内定取消学生などの雇用を予定している。
    
新規事業展開、新商品開発、
新規法人設立などを予定している。
    
障害者を雇用している、もしくは雇用を予定している。    
常用労働者100人以下の事業所で初めて
育児休業取得者の適用者が出る予定がある。
    
事業所内託児施設の設置や育児介護サービスの契約、
代替要員の確保、法を超える短時間勤務等育児支援策の
実施を予定している。
    
派遣社員や期間契約者、
パートの待遇向上や正社員登用を予定している。
    
景気の変動等に伴う経済上の理由により
事業活動の縮小を余儀なくされ、
休業・教育訓練・出向・残業削減などで
従業員の雇用維持を進めている。
    
事業規模の縮小等により、離職を余儀なくされる
労働者の再就職援助を行っている。
    
研修の開催など、
従業員の能力開発の支援を行っている。
    
介護分野で新たな従業員の雇い入れや
雇用管理の改善を予定している。
    

※フォームをご利用いただけない場合は、上記項目を明記の上、toma@toma.co.jpに、メールにてお申込みください。

お客様の個人情報取り扱いについて

TOMAコンサルタンツグループは、当フォームにてお客様からご提供いただいた個人情報をお客様からのご依頼に基づくお問合せへの対応および確認などに利用させていただき、この目的のためにお問合せの記録を残すことがあります。
お客様の個人情報は、適切な安全対策のもと管理し、原則としてお客様の同意なく上記の場合を除き第三者への開示・提供はいたしません。
その他、TOMAコンサルタンツグループの個人情報の取り扱いに関する考え方については「個人情報の保護について」をご覧ください。

ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、安全に管理されます。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

ページの先頭へ戻る