IT活用・業務改善ブログ

【バックオフィス業務を50%削減】ケーススタディで学ぶ、IT活用による業務改善法を徹底解説! 【後半】

2018/02/27

タグ: IT活用・業務改善ブログ クラウドサービス

■オフィス/現場、社内/社外を問わず情報の流れがスムーズに!

 

たとえばプロスポーツチーム法人営業部では顧客管理や案件管理の情報は営業担当者各自のPC内のエクセルにあり、案件の引き継ぎやノウハウの共有に支障を来していたため2013年にkintoneを導入しました。現在の案件情報をスムーズに連携できるようになっただけでなく、過去のノウハウも参照しやすくなったことで若い営業担当の育成にも効果が出ています。使っていく中で出てくるちょっとした要望は営業部門自身でカスタマイズして実現できるため、本当に必要なものを迅速に作っていけるということがその活用に大きな意味を持ちました。

また、オーダーメイド和装染物製造を手がける企業では顧客管理・受注管理・販売管理・見積書作成など13のアプリでkintoneを活用し、残業ゼロと過去最高の売上を達成しました。同社は納品までに営業・デザイン・染色・縫製の4工程が必要で、kintone以前は各部署の業務進捗や作業量がわからず、正確な納期の見積が出来なかったため急ぎの注文に対応できない場合もありました。その課題を解決するため当初は付箋紙と模造紙の紙ベースでの工程管理を試したものの付箋紙だけでは情報量が不足し、次いでIT化を考え少なくない金額を投じて構築した工程管理システムは使いにくさを改良できなかったためやはり使われなくなったといいます。kintoneは最初に大きな投資をするのではなく即座に効果を感じられる部分から小さく初めて、必要と感じた部分を簡単に改良・拡張していけるため、現場作業をする年配の従業員も次第に積極的に活用提案をするようになりました。

 5c7267d6fd79829fbaac176025fe2722_s

 

■社外との情報共有にクラウド型業務アプリならではの威力を発揮!

 

エクセルやアクセスのように主に個々のPCで動くツールと違い、クラウド型のkintoneならではの威力を発揮するのが社外との情報共有です。ある総合住宅メーカーではマイホームの建設を受注した施主ごとにkintoneの期間限定アカウントを付与し、建築中物件の写真や動画を工事担当者がスマートフォンで撮影して施主と共有しています。現場と施主のコミュニケーションが活性化し、施主は家が建っていくワクワク感をいつでもどこでも味わえることから顧客満足度も向上、口コミが広がる効果も生まれています。

 

社外との情報共有でもうひとつ大事なのが協力会社/個人との連携や在宅勤務への応用です。有能な人材の確保は中小企業の大きな悩みで、「仕事があっても人がいない」ために残業せざるを得ないケースは少なくありません。しかしクラウド型で社外ともリアルタイムに情報共有できるkintoneなら社外との連携もしやすいため、子育て中の主婦などを在宅勤務で雇用するためにも役に立ちます。

単純作業はどんどんIT化されていきますが、人間が情報を読む速度は基本的には変わりませんので、今後の生産性向上の鍵を握るのは人と人の間をスムーズにつなぐ情報共有のしくみづくりです。そのために役立つクラウド型業務プラットフォームの活用は今後も広がることでしょう。

e4b42a1e962c2cb70fc7cd2a251bcab4_s

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。