海外展開企業向け会計&税務情報

連結納税制度と海外子会社【TOMAシンガポール支店】

2018/01/19

タグ: シンガポール 海外展開企業向け会計&税務情報

税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【連結納税制度と海外子会社】

先日、シンガポールに日本親会社の100%子会社を設立しようとしているのだが、日本の連結納税制度を適用できますか?というご質問をいただきました。

結論はNoです。この理由は、日本の連結納税制度は内国法人のみを子法人の対象としているためです。

なお、内国法人とは日本国内に本店や主たる事務所を有する法人をいいます。

しかしながら、日本親会社で連結財務諸表を作成する場合は、原則、シンガポールの子会社も連結決算の対象として加えます。

連結納税制度と連結決算という言葉はよてもよく似ていますが、まったく別物と考えて頂ければと思います。

詳細は下記のブログをご覧ください。

連結決算 連結納税 違いは?

 

 

【シンガポールの連結納税制度(Group relief)】

実はシンガポールにも連結納税制度と似ているGroup reliefという制度があります。

こちらもシンガポール国内の会社のみが適用対象となっていますが、要件は日本の連結納税制度と異なります。

シンガポールの制度は当期に発生した欠損金等しか相殺できないのが特徴です。

このため、適用に関しては事前にシンガポールの会計事務所などへ確認が必要です。

詳細は下記のWebsiteをご覧ください。

https://www.iras.gov.sg/irashome/Businesses/Companies/Working-out-Corporate-Income-Taxes/Claiming-Reliefs/Group-relief/

 

【TOMAグループお薦め講習会】

12月5日火曜日 午後

(無料!)シンガポール会計・税務プチ講習会【シンガポールでの開催です】

詳細は、TOMAグループシンガポール支店の神谷までお問い合わせください。

<kamiya-t@toma.co.jp>

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/tomaglobal/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

https://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、

toma@toma.co.jp

まで。

 

 

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。