Japan Tax Guide for Beginners

Leasing of staff accommodation in Japan

2019/11/29

Leasing of staff accommodation in Japan

Question: I am living in the staff accommodation provided by my employer and they deducted a certain amount from my monthly salary as rent payment. Can I know how they determine this certain amount?        Will it affect my salary income tax payment?

Answer: Normally, the employer will consider an amount that will not affect your salary income tax and they will base on the following calculation to find out the rent value to determine the rent reimbursement amount. Further, if the amount is very low or free of charge, it will become taxable item of salary income tax.


Calculation of rent value under Japanese tax law

1.(current year taxable amount of fixed asset tax for building) x 0.2%

2.JPY 12 x (Gross floor area of building(㎡)/3.3 ㎡)

3.(current year taxable amount of fixed asset tax for land) x 0.22%

Rent value= (1)+(2)+(3)

Exemption of salary income tax applies to rent subsidy:

 If over 50% of the rent value is paid by employee, the salary income tax will NOT apply to the difference between the rent value and the reimbursement.

Example:

An employer leases staff accommodation (rent value: JPY 10,000) to an employee.

A)  If the employer provides the staff accommodation to the employee for free, JPY 10,000 will be recognized as salary income, and therefore it is taxable.

B)  If the employee pays JPY 3,000 back to the employer, the difference JPY 7,000 (JPY 10,000-3,000) will be taxable.

C)  If the employee pays JPY 6,000, which is over 50% of rent value (JPY 10,000), the difference JPY 4,000(10,000-6,000) will NOT be taxable.

 This is not only limited to staff accommodation owned by the employer, also includes when the rental contract is in the tenant(employer)’s name. The rent value calculation is same as above.


Taxable situations:

1.If the employee is residing in the staff accommodation provided by employer for free, the value of rent will be treated as taxable salary.

2.In cases the employee affords less than 50% of the rent value, the difference between the rent value and the reimbursement will be treated as taxable salary.

3.Housing allowance is paid by CASH.

4.If the rental contract is in the tenant(employee)’s name and he/she pays the rent, it is not considered staff accommodation according to Japanese tax law.


For more details, please feel free to contact TOMA Consultants Group.

 TOMA Consultants Group English Site      ⇒ http://toma.co.jp/en/

 

 

 

 

 

 

従業員社宅の負担額

Question:私は会社の社宅に住んでおり、毎月給与から社宅代として一定額が差し引かれています。この社宅代はどのように決められているのでしょうか。また、社宅代の金額によって、所得課税になるとはどういうことでしょうか。

Answer:従業員が会社から社宅を借りている場合、従業員が負担する社宅代は以下の説明のような計算方法により、所得課税にならないように一定額の家賃(賃貸料相当額)を決めているのが一般的です。負担する社宅代が低かったり、無償の場合には給与として所得課税されることになります。

賃貸料相当額の算出法

(1)(その年度の建物の固定資産税の課税標準額)×0.2%

(2)12円×(その建物の総床面積(平方メートル)/3.3(平方メートル))

(3)(その年度の敷地の固定資産税の課税標準額)×0.22%

賃貸料相当額=(1)+(2)+(3)


住宅手当に適用される給与所得税控除

従業員が負担している家賃が、賃貸料相当額の50%以上であれば、負担している家賃と賃貸料相当額との差額は、給与として課税されません

例:

賃貸料相当額が1万円の社宅を従業員が借りた場合

A)  従業員が無償で借りる場合には、1万円が給与として課税されます。

B)  従業員が3千円の家賃を負担する場合には、賃貸料相当額である1万円と3千円との差額である7千円が給与として課税されます。

C)  従業員が6千円の家賃を負担する場合には、6千円は賃貸料相当額である1万円の50%以上ですので、賃貸料相当額である1万円と6千円との差額の4千円は給与として課税されません

会社などが所有している社宅や寮などを貸与する場合に限らず、他から会社の名義で借りて貸与する場合でも、前に説明した金額が賃貸料相当額となります。


課税されるケース:

1.従業員が社宅や寮などを無償で借りる場合には、この賃貸料相当額が給与として課税されます。

2.賃貸料相当額の50%未満の家賃を負担している場合には、負担している家賃と賃貸料相当額との差額が、給与として課税されます。

3.現金で支給される住宅手当

4.入居者(従業員)が直接契約している場合の家賃負担は日本の税法では社宅の貸与とは認められないので給与として課税されます。


詳細はTOMAコンサルタンツグループまでお気軽にお問い合わせください。

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。