マンスリーコラム

事業承継 ~後継者選びの3つのパターン~

2018/12/10

 近年では後継者の確保が困難になっており、親族外承継が増加傾向にあります。

 今回は後継者選びの3つのパターンについて、それぞれの特徴をご説明いたします。

親族への承継

 親族へ事業承継するパターンです。
 メリットとしては、内外の関係者から心情的に受け入れられやすいこと、相続等により財産を後継者に移転できるため、所有と経営の分離を回避できる可能性が高いことなどがあります。
 しかし、経営者としての資質がない後継者に承継をしてしまったり、親族間の対立が生じてしまったりというデメリットもあります。

役員・従業員等への承継

 親族外へ事業承継するパターンです。
 メリットとしては、後継者候補の数が増えること、また事業内容をよく知っているので、引き継ぎやすいことなどがあります。
 しかし、適任者がいないおそれがあること、後継者候補に株式取得等の資金力がない場合が多い、などのデメリットもあります。

社外の第三者への承継

 社外の第三者へ事業承継するパターンです。
 メリットとしては、広く外部に候補者を求めることができること、現経営者が会社売却により多額の現金を得られる可能性があることなどがあります。
 しかし、希望の条件を満たす相手を見つけるのが難しいこと、経営の一体性を保つのが困難であることなどのデメリットもあります。

円滑な事業承継を行うために

 事業承継を円滑に行うためには、それぞれのメリット、デメリットをしっかりと把握した上で、後継者候補等の関係者と意思疎通を十分に行うことが必要不可欠です。また、「経営」の後継者とあわせて「株式」の後継者も検討する必要があります。
 TOMAでは様々な面から事業承継をサポートいたします。まずはご相談ください。


★TOMAの事業承継サービス → https://toma.co.jp/service/asset/

無料相談のお申し込みはこちらから!
 お気軽にご連絡ください。

※お電話は総合窓口で対応いたします。ご相談内容をお伝えください。