100年企業構築支援サービス|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

100年企業構築支援サービス

サービスのご案内

100年続いていく企業を構築するため、その根幹となる経営理念・ビジョンの作成・浸透をお手伝いするサービスです。120年続いてきたTOMAが、100年企業の土台づくりをご支援します。

経営理念策定・浸透コンサルティング

経営理念とは、経営者が企業の運営にあたり経営の目的を明確化し、その目的を実現するために、組織が共有すべき価値観を明文化したものです。企業の存在意義や経営活動の指針を社内外に表すものであり、企業として社会的責任を遂行するための基礎となるものですから、経営理念は経営者自身の価値観や経営思想に基づき、さらに社会から受け入れられ、社員の行動基準とならなければいけません。そして、経営者は経営理念を守り、経営を正しい方向に導いていく努力をしなければいけません。

経営理念を明確にすることにより、それに紐付く経営方針や経営ビジョン、経営計画、社員の行動指針や行動基準の方向付けがなされます。また多くの場合、経営理念は創業者により策定されますが、経済環境の変化や事業環境の変化があった場合には、柔軟に改訂していくことも必要です。

増収増益を続けている企業の共通点は、しっかりとした経営理念があり、それが全社に浸透していること。TOMAの経営理念・浸透コンサルティングでは、経営者様の思いをかたちにする経営理念の策定から社内への浸透まで、徹底サポートさせていただきます。

経営理念策定・浸透コンサルティングの流れ

料金

50万円~
※顧問契約をいただいている企業様は特別料金が適用になります。
※基本的に半年間のご支援になります。
※支援期間により料金は異なります。

経営ビジョン策定・浸透コンサルティング

経営理念が「企業が目指すべき目標」であるのに対し、経営ビジョンは、経営理念を受けて、自社が目指すべき将来の姿、環境の変化に適応すべき自社のあるべき姿を明確にしたものです。経営ビジョンが不明瞭だと、社員は何を目的に仕事をするのか分からなくなってしまい、全社員が同じ方向を向くことができなくなってしまいます。だからこそ、経営ビジョンは全社員が一丸となって目指すべき目標・目印でなければならず、社員がなすべきことが具体的に記載されていなければいけません。

経営ビジョンの策定にあたっては、まず自社を客観的に正しく認識することが重要です。自社を正しく認識するため、自社の歴史、経営資源、競争の認識、企業の変革への認識の4つの領域から検討していき、そのうえで将来における「事業領域」「ターゲット顧客」「商品・サービス戦略」などを明らかにしていきます。

また、経営ビジョンは主に中長期的な目標として策定するため、変更すべきものではないという考え方もありますが、必ずしもそうとは限りません。中長期の間には、社会情勢や自社の位置付けの変化など様々が伴うものなので、それに合わせて再検討していく必要があります。

TOMAの経営ビジョン策定・浸透コンサルティングでは、貴社の経営理念を十分に咀嚼したうえで、理念を具体的に落とし込む経営ビジョンの策定をお手伝いしています。

経営ビジョン策定・浸透コンサルティングの流れ

料金

60万円
※顧問契約をいただいている企業様は特別料金が適用になります。

ページの先頭へ戻る