内部統制・不正防止コンサルティング|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

内部統制・不正防止コンサルティング

サービスのご案内

昨今、企業規模を問わず、不正・横領のトラブルが相継いでいます。しかしながら、どこに防止策を打てばいいのか分からず、頭を抱えていらっしゃる経営者様も多いかと思います。不正に対する有効な防止措置を講じるためには、まず不正そのものの特徴をしっかり押さえなければなりません。

TOMAでは豊富な経験とノウハウをもとに、貴社の業務手続きや仕組みを徹底的に精査することからスタートし、精査の結果に基づいて、貴社の事情に則した不正防止、業務改善のための内部統制・不正防止コンサルティングサービスをご提供しています。

内部統制とは?

内部統制とは、基本的に以下の4つの目的の達成のために業務に組み込まれ、組織内のすべての者によって遂行されるプロセスと定義されます。

内部統制~4つの目的~

(1)業務の有効性および効率性

事業活動の目的達成のため、業務の有効性と効率性を高めること

(2)財務報告の信頼性

財務諸表と財務諸表に重要な影響を与える可能性のある情報の信頼性を確保すること

(3)法規の遵守

事業活動に関わる法令その他の規範の遵守を促進すること

(4)資産の保全

資産の取得、使用および処分が、正当な手続きのもとに行われるよう、資産の保全を図ること

不正防止対策(内部統制)構築の実際

不正対策の中心は、予防(予防的統制)と発見(発見的統制)にあります。下記のような不正防止の体制を整える必要があります。

TOMAのアプローチ

TOMAでは、形式的な内部統制の構築ではなく、実効性を重視した内部統制構築支援サービスをご提供しています。このため、いわゆる「J‐SOX対策」などで行われている文書化による膨大なコストや手間によって不正横領防止という本来の目的が埋没してしまうことを避けるため、「文書化からスタートするアプローチ」ではなく、「リスクの洗い出しからスタートするアプローチ」を採用しています。

不正リスクの洗い出し

まずは、不正・粉飾防止の観点から、会社の業務手続きや仕組みを徹底的に見直します。不正が生じるリスクは、会社の規模や業種など各社の状況によって変わってくるものです。形式的な見直しではなく、会社特有のリスクを洗い出していきます。

ポイント(統制手続き)の特定

会社に潜むリスクを特定できたら、次は、そのリスクを制御するためのポイント(統制手続き)を特定していきます。会社の人員や持続的に負担しうるコストのレベルを加味して、現実的で実行可能な統制手続きを検討していきます。

内部統制の整備

ポイント(統制手続き)が決まったら、評価に応じてそれをルール化(文書化など)していきます。ルール化を最後に回すことで、内部統制を整備する最大の目的である「不正リスクの低減」を確実なものにでき、かつ文書化などの手間を最小限に抑えられます。

料金

ご要望に応じて詳細をお見積りいたします。

※税理士の独占業務に関しましてはTOMA税理士法人で契約し、TOMA税理士法人で対応させていただきます。

ページの先頭へ戻る