講座情報|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

経営税務連載講座

最新号のご案内

税務・会計 会計基準の変更が税務に与える影響 (2017.10.11)  平成29 年7 月20 日に企業会計基準委員会から「収益認識に関する会計基準(案)」が公表されました。この基準によって、日本において初めて収益認識に関する包括的な会計基準が作られることになります。平成29 年10 月20 日まで意見募集を行い、平成30 年3 月までに取りまとめることを目指しています。現時点で中小企業...続きを読む
相続・事業承継 相続税の税務調査について知ろう! その2 (2017.10.11)  以前ご紹介した相続税の税務調査について、引き続きご案内したいと思います。◆税務調査では何を調べられるの? 税務調査で質問される一般的な項目としては、(1) 被相続人(=亡くなった人)の経歴、趣味、住所の移転状況(2)被相続人と相続人との関わり度合い、生前贈与の状況(3)家の金庫、貸金庫の場所および中に入っていたものの...続きを読む
人事・労務 定年後再雇用者に関する無期転換ルールの特例 (2017.10.11) ◆有期契約の無期転換ルールとは? 平成25年4月に労働契約法が改正され、無期転換に関するルールが定められました。  「無期転換ルール」により、同じ会社で有期労働契約が通算で5年を超えて繰り返し更新された場合、労働者の申込みがあれば、無期労働契約に転換させる必要があります(図1を参照)。 その適用が、平成30年4月から、...続きを読む
経営・再生 集客効果が高い看板の役割と作成のポイント (2017.10.11)  インターネットを活用して自社を宣伝するネット広告が浸透しています。その一方で、ネット広告に注力する余り、リアル店舗にとって一番身近な広告媒体「お店の看板」がおろそかになっている場合があります。そこで今回は、集客アップに繋がる看板の役割と作成のポイントを、居酒屋の事例を用いてご紹介します。◆看板の重要な役割とは? 看板...続きを読む
IT活用・改善 IT経営のススメ ~ 人材不足を解消するマニュアル導入 ~ (2017.10.11)  近年、人材不足の問題が深刻化しており、外食産業などのサービス業では、営業時間の短縮や店舗休業に追い込まれたり、店舗を閉鎖する企業も出てきています。この問題を解決するひとつの手段として、既存人材のマルチタスク化が挙げられます。◆一人の人材が複数の業務をこなす 日本の古いホテルや旅館を次々と立て直している星野リゾートでは...続きを読む
FAS
(ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス)
M&Aによるシナジー効果の評価方法 (2017.10.11) ◆シナジー効果とは? シナジーとは「相乗」効果という意味です。具体的に言えば、M&A や経営多角化戦略を採ったときに、単に利益の合計だけでなく、経営資源の有効活用や別々の事業の組み合わせにより、より大きな付加価値を生み出すことを言います。◆シナジー効果の評価方法 今回は、その具体的な方法として、購買プロセスにおけるシナ...続きを読む
行政書士業務 株主総会の招集通知発送の時期 (2017.10.11)  株主総会を招集するときは、原則として株主へ招集通知を発送する必要があります。招集通知には、株主に対して事前に株主総会の内容を通知することで、各株主が株主総会に向けて準備検討を行うことを可能にするという重要な意義があります。 では、株主総会の招集通知は、いつまでに発送しなければならないのでしょうか。◆公開会社の場合 公...続きを読む
弁護士業務 続・夫婦関係の清算で必要なこと (2017.10.11)  前回は、離婚事由のお話でした。 夫婦関係の調整について、夫婦間の話し合いでは解決せず、調停でも決着がつかない場合、最終的には裁判になります。 裁判の中でももちろん話し合いができますが、それでも解決しない場合は、最後は裁判官が夫婦を離婚させるべきか否かを判断します。裁判官は、離婚事由の有無を検討し、様々な事情を総合的に...続きを読む
病院・医院 平成29 年の確定申告に向けて ~今だから、打つ手はある!~ (2017.10.11)  本年も、気が付けばもう残り3ヶ月を切りました。12 月が決算となる個人開業医の皆様は、本年分の確定申告、納税が気にかかってくる頃ではないでしょうか。年末まで残り3ヶ月という今だからこそ、節税対策として打てる手はまだまだあります。 今回は、中でも代表的なものをご紹介します。法人が適用対象となるものもありますので、決算を...続きを読む

2012年11月~2015年10月までのバックナンバー

2012年10月以前のバックナンバー

人事・労務

IT活用・改善

ページの先頭へ戻る