投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

行政書士業務ブログ

行政書士の業務内容の紹介と、行政書士がどのように皆様のお役に立てるのかについてお伝えします。
業務拡大を考えている方、新しい法人を立ち上げたい方、社内の法定書類をきちんと整備したいと考えている方は必見です。

⇒過去の記事はこちら

  • 行政書士(東京)の採用情報

    単なる申請書類業務だけが行政書士の仕事ではありません。より高度なコンサルティング領域や、新たなサービスの企画開発に興味がある方は、是非ご応募ください。 税理士法人、社会保険労務士法人、監査法人、司法書士法人等の各専門家と…

  • 種類株式にはどのようなものがあるか

     株式会社では複数の種類の株式を発行することができます。一般的に「株式」と呼ばれているものは「普通株式」のことを指します。  1つの株式に与えられる権利は原則平等であり、株式を保有している株主は株主総会での議決権を有する…

  • どのような場合に株主総会で議決権が行使できないか

     株主には、さまざまな権利が与えられていますが、その中でも一番重要なのが株主総会決議における「議決権」です。原則として株主は、株主総会において、その有する株式1株につき1個の議決権を有しています。(一株一議決権の原則) …

  • 後継者を育成するには、どうしたらいいのか?

    事業承継を迎える会社にとって、誰を後継者にするか、ということは最も大きな課題です。しかし、後継者候補を選び、指名しただけでは、すぐに事業を承継できるわけではありません。 安心して事業を承継するためには、選んだ後…

  • ~事業承継成功のカギは後継者にあり~「後継者育成プロジェクト導入セミナー」開催のご案内

    平成30年2月2日(金)14時~15時30分「後継者育成プロジェクト導入セミナー」を開催いたします。 事業承継を迎える会社にとって、「後継者」は最大の課題です。そして、事業承継成功のカギは、安心して経営を任せら…

  • 株主総会の招集通知発送の時期

     株主総会を招集するときは、原則として株主へ招集通知を発送する必要があります。招集通知には、株主に対して事前に株主総会の内容を通知することで、各株主が株主総会に向けて準備検討を行うことを可能にするという重要な意義がありま…

  • 合同会社の設立手続き

    合同会社とは、全員が出資した範囲内でのみ責任を負う間接有限責任社員によって構成される会社形態です。個人事業主や合名・合資会社の場合、無限責任を負うことになっていますが株式会社と同様に間接有限にとどまるため、一定のリスクは…

  • 株式会社の解散から清算について

      会社の解散・清算とは、会社が行っている業務をすべて中止し、会社の法人格を消滅させる手続きです。会社は、株主総会の決議その他の事由により解散します。ただし、解散した後でも会社を継続できる場合があります。 1 …

  • 事業承継 ~ 積み重ねてきたことをどう引き継ぐか ~

     事業承継は、計画的に準備をすることが重要です。その過程で盲点となりがちなのは、経営者がこれまで積み重ねてきたノウハウや想いなどをどう伝えるか、ということです。 法律的なこと、手続き的なことは、専門家の助言のもと、ルール…

  • 会社の商号と目的を決める際の注意点

    類似商号の調査は必要か 従来は、同一市町村内では、同一目的のために、同一の商号は使用することはできませんでした。しかし、ホームページなどを使った事業活動が行われる時代に、同一市町村内という規制は無意味になってしまったため…

ページの先頭へ戻る