投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

行政書士業務ブログ

行政書士の業務内容の紹介と、行政書士がどのように皆様のお役に立てるのかについてお伝えします。
業務拡大を考えている方、新しい法人を立ち上げたい方、社内の法定書類をきちんと整備したいと考えている方は必見です。

⇒過去の記事はこちら

  • 事業承継の前に検討すること

     TOMAグループでは、事業承継を控えたお客様向けに、様々なサービスを提供しています。事業承継は、ある程度時間をかけて計画的に行うことが重要です。その過程で検討しなければならない事項は、企業によって異なります。事業承継を…

  • 取締役の報酬等 ~ 押さえておくべき3 つのポイント~

     会社の成長のためには、取締役の能力発揮が重要です。取締役のモチベーションを向上させるには透明性の高い報酬規程を整備することが不可欠です。3 月13 日(月)開催予定の「鉄壁★役員報酬規程策定セミナー」では、会社を成長に…

  • ~「社会福祉法人の定款変更と財務のポイント セミナー」~開催のご案内

    平成29年2月21日(火)14時~16時30分「社会福祉法人の定款変更と財務のポイント セミナー」を開催いたします。 平成28年3月末に改正社会福祉法が成立し、平成28年度から順次施行されています。改正の趣旨や…

  • 社会福祉法の改正~新しい体制について~

    社会福祉法改正が平成29年4月1日に施行されます。改正内容のうち、「ガバナンスの強化」ついてポイントを解説します。 <社会福祉法の一部改正の概要>福祉サービスの供給体制の整備及び充実を図るため、以下の2点の観点…

  • 取締役の任期 ~押さえておくべき4つのポイント~

     株式会社の取締役(特例有限会社を除く)には任期が定められています。取締役の任期について、経営者や登記手続に携わる総務担当者が押さえておくべきポイントをまとめました。 1.期間の数え方にご注意 2.原則は2年、短縮も可能…

  • 取締役の役割と責任~知っておきたい3つのポイント~

    「創業時からの従業員を、その功労に報いるため、取締役に就任させようと考えている。何か問題はあるだろうか。」このようなご相談を経営者の方から受けることがあります。 平成26年に取締役に関わる会社法の大きな改正が行われ、取締…

  • 各種許認可の取得後に必要な手続き

    事業についての許認可は、許認可を取得した後にも様々な手続きを行うことが必要です。建設業許可などを例にして、許認可を取得した後の手続きについて概観してみましょう。更新手続き主な許認可の有効期間は次のとおりです。①建設業許可…

  • 排出事業者として産業廃棄物処理業者を選ぶ際のポイント

    行政書士業務と各種許認可~産業廃棄物処理業許可(4)~産業廃棄物の処理責任は排出者である個々の事業者にあります。不適正な処理をすると排出者に刑事罰が課されることもあります。今回は不適正な処理を行わないために、信頼できる処…

  • 行政書士業務と各種許認可~産業廃棄物処理業許可(3)~

     廃棄物を排出する際、違法な処理に関わってしまうことがないように、事業者が留意すべき点を解説します。産業廃棄物処理業者を利用する立場から、廃棄物の適正処理を考えてみましょう。◆排出する廃棄物は産業廃棄物にあたるか まずは…

  • 就労ビザの更新手続きと必要書類について

    日本で働く外国人の方は、在留期間が切れる前に、就労ビザの更新手続きを行う必要があります。 ■入国管理局に申請する 外国人が、就労ビザで入国した場合、在留期間が切れる前に、ビザの更新手続を行うことで在留期間を延長することが…

ページの先頭へ戻る