投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

経営・再生ブログ:資金調達

  • 製品の開発費用を助成する新製品・新技術開発助成事業について

     公益社団法人東京都中小企業振興公社では、東京都内に事業所を有する中小企業者に対し、新製品等の試作開発における原材料費や、委託・外注費などの開発経費の一部を助成します。但し、設備導入や既存製品の改良などは対象外となります…

  • 「担保に依存」した融資から「事業性を評価」した融資へ!

     最近、「事業性評価による融資」という言葉を耳にしませんか? この「事業性評価による融資」とは金融機関が融資を行う際、従来の担保や保証に依存した融資を改め、取引先企業の事業内容や成長可能性などに着目・評価して融資を行うこ…

  • 製品開発着手支援助成事業について

    ※今回の内容は、東京都内に主たる事業所を有する中小企業者等のみとなります。 公益社団法人東京都中小企業振興公社では、東京都内に事業所を有する中小企業者等の新たな製品開発・技術開発への取組を支援するため、製品開発着手支援事…

  • トライアル雇用奨励金について

     トライアル雇用奨励金は、職業経験の不足などから就職が困難な求職者を、常用雇用へ移行することを目的にして原則3ヶ月間の試行雇用を実施した事業主に対して助成される奨励金です。事業主側は、労働者の適正や能力を見極め、それらを…

  • 事業性評価にもとづく融資について

     最近よく「事業性評価」という言葉を聞きます。「事業性評価」とは、金融機関が融資を行う際、担保・保証に依存した融資ではなく、取引先企成長の事業内容、成長可能性などに着目・評価して融資を行うことです。事業性評価が行われるよ…

  • 中小企業基盤整備機構のファンド出資について

     前回に引き続きまして、中小企業が出資を受ける直接金融についてご説明したいと思います。中小企業が民間のベンチャーキャピタル(VC)やファンド、エンジェル(個人投資家)から出資を受けることは非常にハードルが高いです。しかし…

  • 中小企業投資育成株式会社からの出資について

    会社が財務基盤を強化するには、まず自己資本比率を上げなくてはなりません。自己資本を増強する方法は、(1)利益を積み上げる、(2)増資を行う、の2点があげられます。今回は(2)の増資について説明したいと思います。 直接金融…

  • ファクタリングによる資金調達について

     ファクタリングとは、商品やサービスの提供は終了しているが、未だ資金の回収が終わっていない売上債権を第三者に買い取ってもらう取引です。長い回収サイトが原因で資金繰りが厳しくなった場合、1つの資金調達手段として用いられる取…

  • 少人数私募債を活用した資金調達

     少人数私募債は社債の一種です。中小企業が「社債を発行して資金調達する」と聞くと、非常にハードルが高く感じるかもしれません。しかし、この少人数私募債は、縁故者や取引業者先など、社債を引き受けてくれる関係者さえいれば発行で…

  • インターネットを通じて不特定多数から資金調達をする

    今回は銀行からの融資ではなく、個人投資家から直接資金調達をする手段をご案内したいと思います。「投資家から資金調達」と聞くとハードルが非常に高く感じるかと思いますが、「クラウドファンディング」というサービスを利用すれば、ハ…

ページの先頭へ戻る