投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

TOMA弁護士法人 弁護士前岨博とその弟子ブログ

平成28年10月に設立されたTOMA弁護士法人。代表弁護士である前岨博と新人弁護士安藤雄起が綴る!法律コラム、最新裁判例紹介の他、雑談系コラムを掲載。

  • 逮捕・勾留の期間制限

     テレビや新聞で時々、「逮捕」や「勾留」といった言葉に接することがあります。今年の4月には、女性タレントが知人の男性を恐喝しようとしたとして逮捕された、という事件が話題になりました。検察官は裁判所に対して、女性の勾留請求…

  • フラッシュモブに対する禁止命令に違法判断(平成29年3月8日横浜地裁判決)

    ここ数年、日本でもテレビ等で耳にするフラッシュモブ。憲法学者の定義では、特定のあるいは不特定多数の者が、呼びかけに応じて、公共の場等に参集し、公衆に対する訴求効果を期待し、あるいは行動それ自体を楽しむために、にわかに集団…

  • 第三者委員会の役割とは?

     マスコミも取り上げるような大きな不祥事が会社で発生した場合に、外部の「第三者委員会」が設置され事実関係が調査されることになった、というニュースを時々耳にしませんか。 今回は「第三者委員会」の役割についてお話ししたいと思…

  • 忘れられる権利とは?

     検索サイトGoogleの検索結果について、男性が削除を求めた仮処分申立て事件で、今年1月31日、最高裁判所は、男性の請求を棄却しました。◆男性の申立て この男性は、5年以上前に児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪で罰金刑…

  • 商標権ビジネスは違法?

     YouTube動画で話題となったピコ太郎さんの楽曲「Pen-Pineapple-Apple-Pen」の、「PPAP」「ペンパイナッポーアッポーペン」等が、所属のエイベックスよりも先に、無関係な大阪の会社によって商標出願…

  • 著作権法における「複製」とは?

     前回、著作権者でない人が、無断で他人の著作物を「複製」した場合、著作権侵害にあたる可能性があるとお話ししました。 著作権者には「複製権」という権利が認められています(著作権法21条)。そのため、著作権者でない人が、勝手…

  • そのコピペ、著作権侵害!?

     昨年12月、株式会社ディー・エヌ・エーが提供していた医療情報提供サイト「WELQ」で、著作権侵害の疑いのある記事がアップされている可能性があるとして、記事が非公開となる事態が発生し、話題になりました。 他人が書いた文章…

ページの先頭へ戻る