投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

病院・医院経営ブログ

病院・医院をはじめとする医療機関や医療関連の皆様へ「医療制度改正」「病院・医院経営」「税務会計情報」などの中から最先端のテーマを厳選し、タイムリーなニュース・トピックスを提供していきます。ご期待ください。

⇒過去の記事はこちら

  • 認定医療法人制度について

     平成29年6月14日に公布された医療法等の一部を改正する法律により、持分の定めのない医療法人への移行計画の認定制度が改正され、平成29年10月1日から施行されました。今回はこの認定医療法人制度についてご紹介します。◆認…

  • 措置法26条と青色申告特別控除の関係

     平成29年ももうすぐ終わりに近づき、年が明けるとすぐに確定申告の時期がやってきます。 今回は、青色申告者が、社会保険診療報酬の所得計算の特例(措置法26条)の適用を受ける場合の青色申告特別控除額(最高65万円)の限度額…

  • 平成28年度 医療費の動向

     9 月15 日に厚生労働省より「平成28 年度 医療費の動向」が公表されました。これは医療機関からの診療報酬請求に基づいて医療保険・公費負担医療分の医療費を月々集計している「最近の医療費の動向」を1 年分集計したもので…

  • 平成29 年の確定申告に向けて ~今だから、打つ手はある!~

     本年も、気が付けばもう残り3ヶ月を切りました。12 月が決算となる個人開業医の皆様は、本年分の確定申告、納税が気にかかってくる頃ではないでしょうか。年末まで残り3ヶ月という今だからこそ、節税対策として打てる手はまだまだ…

  • 第7次 医療法改正④

    理事長の代表権と理事の責任に関する改正について 改正医療法では会社法を参考に理事長の業務を次のように明確化されました。(医療法46の6の2)1.理事長が医療法人を代表すること2.業務に関する一切の裁判上の又は裁判外の行為…

  • 第7次 医療法改正③

    役員の地位と解任に関する改正1.役員の地位 今回の改正において、医療法人と役員の関係は委任関係にあることが明確にされました。(医療法46の5④) この条項によって役員は善良な管理者の注意をもって、事務を処理する義務を負う…

  • 第7次 医療法改正②

    役員報酬の決議方法の改正について今回の医療法の改正により医療法人が役員報酬を支給する際は定款に記載されている場合を除き、社員総会の決議を要することになりました。改正医療法46条の6の4及び46条の8の3は、平成28年9月…

  • 第7次 医療法改正① 

     医療法は、戦後まもなく昭和25年に制定され、昭和60年の第1次改正までの35年間改正されてきませんでした。しかし近年は平成19年(第5次医療法改正)、平成26年(第6次医療法改正)、平成27年(第7次医療法改正)と頻繁…

  • 院長夫人の税金教室  ~テーマ4.予定納税を減らしたい!~

    毎年7月末と11月末には、所得税の予定納税があります。予定納税とはいわば税金の前払いのようなものです。前年の税額を基にして「今年も去年と同じくらいの収入がありそうだから、前もってこのくらいの額を払っておいてね」と納付書が…

  • 院長夫人の税金教室  ~テーマ3.配偶者控除が変わります~

    平成30年から、配偶者控除の仕組みが変わります。 配偶者控除とは、配偶者が専業主婦やパート勤務のように収入が少ない場合、納税者本人の税金が少なくなりますよ、という仕組みです。よく「夫の扶養の範囲内で働きたい」と言われるこ…

ページの先頭へ戻る