投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

資産・相続・事業承継ブログ:相続のイロハ

  • 高層階ほど税額高く タワマン節税に待った!!

    2016年10月末、政府・与党は「高層マンションの高層階の固定資産税と相続税を引き上げ、一方で低層階の税負担を軽くすることを今後の税制改正で検討する。」と発表しました。これにより、富裕層の間で相続税対策として広がっていた…

  • 相続時精算課税制度とは?

    ◆ 相続時精算課税制度ってどんな制度?相続時精算課税制度とは、60歳以上の父母又は祖父母から、20歳以上の子又は孫に対し、財産を贈与した場合において、受贈者の選択により暦年単位による贈与税の課税方式に代えて、適用を受ける…

  • 死亡退職金の相続

    退職手当金等相続人が、被相続人の死亡によって受け取った、被相続人に支給されるべきであった退職手当金、功労金その他これらに準ずる給与(以下「退職手当金等」)のうち、被相続人の死亡後3年以内に支給が確定したものは、相続財産と…

  • 相続人の中に養子がいる場合の取扱い

    相続人の中に養子がいる場合の民法上の取扱い民法では、養子の数の制限はなく、何人でも養子縁組をすることが可能です。また、血縁関係がなくても法律上の「親子」と認定されるので、相続においても実の子供と同じ権利を持つことになり、…

  • 相続税における生命保険金の取り扱いについて

    一般的に、生命保険金を受け取る権利は、保険契約により発生するもので、特別な事情がない限り、受取人の固有財産となり、相続財産には含まれないとされています。しかし、被相続人の死亡により取得した生命保険契約の保険金や、偶然の事…

  • 相続税の申告で控除できる葬式費用って?

    相続税を計算するときは、一定の相続人及び包括受遺者が負担した葬式費用を遺産総額から差し引くことができます。葬式費用となるもの遺産総額から差し引く葬式費用は、通常次のようなものです。死体の捜索又は死体や遺骨の運搬にかかった…

  • 配偶者は相続税がかからないの?

    配偶者の相続税額に対する軽減措置の趣旨配偶者(被相続人との婚姻について婚姻の届出をしている者に限る)に対する相続税については、相続税額の軽減措置が設けられています。これは、長年共同生活を営まれてきた配偶者に対する配慮、老…

  • 相続申告に必要な資料ってなぁに?

    相続税の申告にあたって、いろいろ準備が必要ですが、事前に準備をしていただくとスムーズに申告していただける書類のうち、主なものをご紹介いたします。被相続人関係● 被相続人の戸籍(除籍)謄本 ・・・被相続人の出生から死亡まで…

  • 法定相続人と相続財産の分けかた

    法定相続人とは相続が発生した場合において、死亡した人を被相続人といい、相続する人を相続人といいます。民法では、相続する権利や義務がある人を法定相続人として相続人を決定しています。法定相続人は、被相続人の「配偶者」と「子」…

  • 相続税、申告しないといけないの?

    ご親族が亡くなられ、四十九日も過ぎ、ひと段落した頃に、ふと気になり始めるのが「相続」の問題です。ご親族が遺してくださった財産をどうすればいいのか。ご兄弟とはどう分けたらいいのか。問題はたくさんあります。「ところで、税務署…

ページの先頭へ戻る