投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

資産・相続・事業承継ブログ:事業承継

  • 直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税

    教育資金の一括贈与による贈与税の非課税とは、平成25年4月1日から平成31年3月31日までの間に教育資金に充てるために贈与された金銭等が受贈者一人につき1,500万円まで非課税になるというものです。この規定のメリットは生…

  • よく分かる小規模宅地等の特例(2)

    前回は小規模宅地等の特例を適用した場合の減額できる割合をご説明いたしました。今回は、この特例の対象となる宅地等(特定事業用宅地等、特定居住用宅地等、特定同族会社事業用宅地等、貸付事業用宅地等)について、各宅地別にご紹介し…

  • よく分かる小規模宅地等の特例

        平成27年1月1日以後、相続税の基礎控除額の引下げ等が行われたことで、相続税の申告件数(課税対象被相続人数)はH26年分の約5万6,000件から、引下げ後の27年分では約10万3,000件と約1.8倍に増加してい…

  • 事業承継計画の策定

    事業承継計画事業承継計画とは、中長期の経営計画に、事業承継の時期・具体的な対策を盛り込んだものです。現経営者は成果物としての事業承継計画の作成自体を目的とするのではなく、策定プロセスにおいて後継者、従業員等の関係者間で会…

  • 養子縁組についての最高裁判決

    事業承継における養子縁組の活用 事業承継を検討する際、オーナーに子供や親族内で後継者がいない場合には、親族外からの後継者を養子縁組することで実子と同じように相続人として取り扱うこととなり、事業承継を行うことができます。そ…

  • 事業承継対策のポイント

    日本の中小企業においては、経営者自らが自社株式の大半を保有していたり、自らの資産を事業の用に供していたりします。このような経営者の事業承継対策を考える場合、「経営そのものの承継」と「自社株式・事業用資産の承継」の配慮が必…

  • 暦年贈与と相続時精算課税

     贈与税の課税制度には、原則的な課税方式である「暦年贈与」と一定の要件を満たすと選択することができる「相続時精算課税」の2 つがあり、今回はこの2 つの制度について解説します。◆暦年贈与の課税方式 暦年贈与は、1 月1 …

  • 事業承継に関わる平成29年度税制改正

    昨年12月に発表された税制改正大綱で平成29年度の改正に関する情報が発表されました。今回の大綱では自社株式の評価方法と納税猶予制度の要件について触れられていました。大綱の内容は以下の通りで、平成29年1月1日以後に相続も…

  • 中小企業の経営承継円滑化法

    ◆中小企業の経営承継円滑化法とは 事業承継の目的は、経営者が交代しても企業の永続的な繁栄を実現することです。事業承継に伴う諸問題を解決して、円滑な承継を行うための法律が「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」で…

  • 事業承継対策する前の基礎知識(4)「遺留分対策」

    今回は遺留分対策についてお話していきたいと思います。遺留分対策には、(1)遺留分の事前放棄、(2)経営承継円滑化法の民法特例の活用が考えられます。対策をすることで非後継者による紛争や自社株式・事業用資産の分散を防止するこ…

ページの先頭へ戻る