投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

資産・相続・事業承継ブログ:税金コラム

  • 納税猶予に追い風、事業承継税制の見直し

    平成29年度の税制改正のひとつの目玉が、事業承継税制の見直しです。日本が高齢化社会に突入すると同時に、日本の中小企業の経営者も同じく高齢化問題に直面しました。事業承継が声高に叫ばれても、現状として事業承継は遅々として進ん…

  • 事業承継における投資育成会社の活用

    今回は、事業承継における投資育成会社の活用についてお話します。投資育成会社の概要投資育成会社とは中小企業・中堅企業を資本面から支援する政策実施機関です。下記の用件を満たす中小企業に対して出資を行い、株式・新株予約権付社債…

  • サラリーマンの節税術!

    今年も確定申告の時期がやってきました。私たちも繁忙期に入り、遅くまで残っている社員が増えて来ています。さて、会社から給与を貰っているいわゆるサラリーマンの皆様の中には、『確定申告は他人事』と思っている方も多いかと思います…

  • 機能していない会社の戦略的撤退と組織再編税制

    今回は、機能していない会社の戦略的撤退と組織再編税制の活用についてお話ししていきたいと思います。機能していない会社を放置しておくことのデメリット業績拡大時に事業部を法人化してグループ経営を始めた会社は世の中に多く存在しま…

  • ~クリスマス、宝くじ、忘年会、新年会~(年末年始の行事)に対する税務

    2016年もあと少しで終わりますが、皆様は今年の一年を振り返っていかがでしたでしょうか?世間の出来事としては日本が史上最多のメダル41個を獲得したリオ オリンピックやアメリカ大統領選でのドナルド・トランプ氏の当選などさま…

  • まだ間に合う、年内の贈与

     贈与税は、その年1月1日から12月31日までの間に贈与によりもらった財産の価額から基礎控除額110万円を差し引いた金額に税率を乗じて計算します。申告は翌年2月1日から3月15日までで、納付期限も3月15日までとなります…

  • 配偶者控除の見直しでどう変わる?パート主婦の働き方

    配偶者控除の見直しについて検討されており、年収要件が103万円から150万円に引き上げる案がでています。103万円の壁とは?世の奥様が「夫の扶養の範囲内で働く」と言うと、給与収入が103万円以内で働くということになります…

  • スター選手も楽じゃない?プロ野球選手の税金!

    今年の秋、プロ野球では日本ハムファイターズが日本一になり盛り上がりました。近年、広島カープを応援するカープ女子や二刀流でお馴染みの大谷翔平選手、二年連続トリプルスリーを達成した山田哲人選手などが世間注目を集めています。今…

  • 政治家なら問題なし?白紙領収書は有効か?

    白紙の領収書の有効性政治家の場合先日発覚した、政治家の白紙領収書問題。政治家が政治資金パーティに出席した際に白紙の領収書をもらい、後から自分で金額等を記載していたという事件です。当の本人は「何ら問題はない」と答弁をしまし…

ページの先頭へ戻る