投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

資産・相続・事業承継ブログ

相続・事業承継の専門家が「相続事業承継対策」「財産の分割」「遺言書の作成」「自社株式の評価の引下げ」「不動産の有効活用」「ホールディングカンパニーの活用」など、さまざまなテーマで最新情報をお届けします。

⇒過去の記事はこちら

  • 配偶者控除の見直しでどう変わる?パート主婦の働き方

    配偶者控除の見直しについて検討されており、年収要件が103万円から150万円に引き上げる案がでています。103万円の壁とは?世の奥様が「夫の扶養の範囲内で働く」と言うと、給与収入が103万円以内で働くということになります…

  • ふるさと納税はまだ間に合います!確定申告前に寄付でかしこく節税しませんか?

    1万円の寄付でお米20kgがもらえるなど、お礼を通して地域の魅力を知るふるさと納税。2015年4月より、適用条件を満たせば確定申告不要となるなど更にハードルが下がりました。ふるさと納税ってそもそもどんな仕組み?ふるさと納…

  • 事業承継対策する前の基礎知識②「MBO・EBO」

    役員・従業員等社内への承継パターン後継者候補としては、役員・従業員等が考えられます。なお、自社の役員等が後継者となる場合、役員等がオーナー経営者から株式を買い取るMBOという手法が考えられます。MBO・EBO概要MBO(…

  • スター選手も楽じゃない?プロ野球選手の税金!

    今年の秋、プロ野球では日本ハムファイターズが日本一になり盛り上がりました。近年、広島カープを応援するカープ女子や二刀流でお馴染みの大谷翔平選手、二年連続トリプルスリーを達成した山田哲人選手などが世間注目を集めています。今…

  • 高層階ほど税額高く タワマン節税に待った!!

    2016年10月末、政府・与党は「高層マンションの高層階の固定資産税と相続税を引き上げ、一方で低層階の税負担を軽くすることを今後の税制改正で検討する。」と発表しました。これにより、富裕層の間で相続税対策として広がっていた…

  • 後継者候補を誰にするか

    事業承継のポイント事業承継の要はヒトです。どんなに素晴らしい理念を掲げ、体制を整えても、現実的に次世代につないでくれるヒトがいなければ砂上の楼閣になってしまいます。また、人数だけいればよいというものでもありません。100…

  • 事業承継対策する前の基礎知識①「遺留分」

    相続・事業承継でよく聞く遺留分とは今回は遺留分についてお話します。遺留分(民法第1028条)とは、民法で定められている相続人(兄弟姉妹を除く。以下同じ。)が最低限確保することができる相続分のことをいいます。例えば、配偶者…

  • 政治家なら問題なし?白紙領収書は有効か?

    白紙の領収書の有効性政治家の場合先日発覚した、政治家の白紙領収書問題。政治家が政治資金パーティに出席した際に白紙の領収書をもらい、後から自分で金額等を記載していたという事件です。当の本人は「何ら問題はない」と答弁をしまし…

  • 住宅取得等資金の贈与税の非課税の特例の居住開始の時期に関する要件って?

    Q.住宅取得等資金の贈与税の非課税の特例を適用しての申告は、申告期日までに居住開始しなくても適用可能ですか?平成28年に両親から住宅取得資金の贈与を受けました。住宅取得等資金の贈与税の非課税の特例を受けたいのですが、贈与…

  • 相続時精算課税制度とは?

    ◆ 相続時精算課税制度ってどんな制度?相続時精算課税制度とは、60歳以上の父母又は祖父母から、20歳以上の子又は孫に対し、財産を贈与した場合において、受贈者の選択により暦年単位による贈与税の課税方式に代えて、適用を受ける…

ページの先頭へ戻る