投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

資産・相続・事業承継ブログ

相続・事業承継の専門家が「相続事業承継対策」「財産の分割」「遺言書の作成」「自社株式の評価の引下げ」「不動産の有効活用」「ホールディングカンパニーの活用」など、さまざまなテーマで最新情報をお届けします。

⇒過去の記事はこちら

  • 内部留保課税はありうる?

     22日の衆議院選挙を控え、希望の党の代表の小池百合子氏が公表した公約が今、話題を集めています。その公約は、消費税増税に反対する一方、企業の内部留保に課税するというものです。我々消費者に直結する消費税の増税を避け、企業に…

  • 相続等により取得した株式を発行会社に譲渡した場合の課税の特例制度

    法人の自己株式の取得とみなし配当個人株主が、所有する株式をその発行法人に譲渡して金銭等の支払いを受けた場合、その支払いを受けた金額のうち発行法人の資本金等の額に対応する部分の金額を超える部分については配当とみなされます。…

  • 平成30年1月1日より生命保険契約に関する支払調書が変更されます!

    27年度の税制改正大綱にて閣議決定をされた生命保険会社から税務署へ提出する支払調書の提出基準・記載内容に関する改正が、いよいよ平成30年1月1日より適用されます。今回はこの支払調書の改正についてお話しさせていただきます。…

  • 相続税の税務調査について知ろう! その2

     以前ご紹介した相続税の税務調査について、引き続きご案内したいと思います。◆税務調査では何を調べられるの? 税務調査で質問される一般的な項目としては、(1) 被相続人(=亡くなった人)の経歴、趣味、住所の移転状況(2)被…

  • 将来不動産価値が下がりにくい物件とは

    ◆東京の不動産マーケット 都内の不動産価格は東日本大震災後、アベノミクスの経済効果(日銀の大幅な金融緩和)を受け、2014 年から上昇し続けています。特に都内のマンションは新築、中古とも大幅に価格が上昇し、もうピークを迎…

  • 中小企業のためのグループ経営戦略 ~複数の事業を擁する経営者が抱える問題とその対応方法1~

    問題複数の異なる事業部門を持つ経営者の多くは共通した悩みを持っています。よく耳にする悩みは、1.事業ごとの財務状況が見えない、2.役員会での意思決定の遅さ、3.従業員の不満への対応、4.後継者をどうするか、の4点です。今…

  • 出向に伴う給与負担金の取扱い

    出向の意義及び現状出向とは、一般的に「命令により、自社の使用人の身分上の地位・雇用関係を継続(具体的には休職)したまま、相当期間にわたって他の企業(主に子会社・関連会社等)に派遣し、その企業の指揮命令の下に業務に従事され…

  • 障害者の特定贈与信託

    東京オリンピックを2年後に控え同時開催されるパラリンピックにも注目が集まっています。障害者への理解が広まりつつあるものの、親族に障害のある方がいらっしゃる場合、その方の将来の生活に不安を感じることもあるかと思います。その…

  • 事業承継に持株会を活用する効果について

    持株会(従業員持株会)は、本来従業員のために作られた民法上の組合です。上場企業では、持株会を設置しているケースも多くあります。持株会は、事業承継の際に経営者に大きなメリットをもたらしてくれます。今回は、事業承継に持株会を…

  • 事業承継で金庫株を活用する効果について

    事業承継で金庫株を活用する方法とは「会社に自社株式を買い取ってもらうこと」を指します。これによって、例えば経営者が亡くなった時も、株式の分散を避けることができます。株式の分散を避けることは、会社の分裂防止も意味します。金…

ページの先頭へ戻る