投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

資産・相続・事業承継ブログ

相続・事業承継の専門家が「相続事業承継対策」「財産の分割」「遺言書の作成」「自社株式の評価の引下げ」「不動産の有効活用」「ホールディングカンパニーの活用」など、さまざまなテーマで最新情報をお届けします。

⇒過去の記事はこちら

  • 相続税チームがロサンゼルスから国際業務スタート!「国際相続セミナーの開催」と「現地提携先強化」のためにロサンゼルスへ弾丸出張してきました。

    近年、TOMAでも国際相続の案件が増えています。なかでもアメリカに相続人や財産があるケースは多く、日本の税金業務においてもアメリカの存在は大きくなっています。在米日本人の相談ニーズも増えているため、支店のあるロサンゼルス…

  • 事業承継計画の策定

    事業承継計画事業承継計画とは、中長期の経営計画に、事業承継の時期・具体的な対策を盛り込んだものです。現経営者は成果物としての事業承継計画の作成自体を目的とするのではなく、策定プロセスにおいて後継者、従業員等の関係者間で会…

  • 建物の耐用年数とは!?

    建物の法定耐用年数は構造で決まります 馬や牛、樹木にも法定耐用年数があるということは、あまり知られておりませんが、建物の法定耐用年数という言葉は何かと耳にする機会があるかと思います。法定耐用年数とは、機械や設備などの減価…

  • 養子縁組についての最高裁判決

    事業承継における養子縁組の活用 事業承継を検討する際、オーナーに子供や親族内で後継者がいない場合には、親族外からの後継者を養子縁組することで実子と同じように相続人として取り扱うこととなり、事業承継を行うことができます。そ…

  • 事業承継における投資育成会社の活用

    今回は、事業承継における投資育成会社の活用についてお話します。投資育成会社の概要投資育成会社とは中小企業・中堅企業を資本面から支援する政策実施機関です。下記の用件を満たす中小企業に対して出資を行い、株式・新株予約権付社債…

  • 確定申告 マイナンバーの記載について

    早いもので平成28年分の所得税確定申告期限まで2週間を切りました。皆様すでに確定申告はお済みでしょうか。今回は、平成28年分の確定申告より義務化された、マイナンバーの記載についてご紹介します。ご存じの方が多いかと思います…

  • 事業承継対策のポイント

    日本の中小企業においては、経営者自らが自社株式の大半を保有していたり、自らの資産を事業の用に供していたりします。このような経営者の事業承継対策を考える場合、「経営そのものの承継」と「自社株式・事業用資産の承継」の配慮が必…

  • サラリーマンの節税術!

    今年も確定申告の時期がやってきました。私たちも繁忙期に入り、遅くまで残っている社員が増えて来ています。さて、会社から給与を貰っているいわゆるサラリーマンの皆様の中には、『確定申告は他人事』と思っている方も多いかと思います…

  • 米国不動産投資について知ろう!!

    ◆所得税節税で注目! 日本の税法では、耐用年数22年を過ぎた木造賃貸アパートは所在国に関係なく、中古資産の耐用年数の計算方法である簡便法を採用することにより4年で償却可能となっています。しかし、日本の木造賃貸アパートで築…

  • 暦年贈与と相続時精算課税

     贈与税の課税制度には、原則的な課税方式である「暦年贈与」と一定の要件を満たすと選択することができる「相続時精算課税」の2 つがあり、今回はこの2 つの制度について解説します。◆暦年贈与の課税方式 暦年贈与は、1 月1 …

ページの先頭へ戻る