投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

資産・相続・事業承継ブログ

相続・事業承継の専門家が「相続事業承継対策」「財産の分割」「遺言書の作成」「自社株式の評価の引下げ」「不動産の有効活用」「ホールディングカンパニーの活用」など、さまざまなテーマで最新情報をお届けします。

⇒過去の記事はこちら

  • 平成30年税制改正大綱による事業承継税制の見直し

     財務省は、平成29年12月22日に平成30年度税制改正の大綱が閣議決定されたことを公表しました。税制改正大綱とは翌年度以降の税制改正について政府・与党が毎年12月に考えをまとめたものをいい、毎年12月に公表されます。 …

  • 個人事業の事業承継

     事業承継というと、会社の経営者である社長が、次の社長にバトンタッチをするというイメージが強いと思います。実際はもっと複雑ですが、イメージとしてはその通りで差し支えありません。 しかし、世の中に存在する「事業」が必ずしも…

  • 中小企業のためのグループ経営戦略~複数の事業を擁する経営者が抱える問題とその対応方法4

     前回、多角的経営を行う経営者の共通の悩みのひとつとして、従業員の不満への対応という問題について見てみました。 今回は「後継者をどうするか」について考えていきたいと思います。問題 後継者問題は多角的経営を行う経営者だけで…

  • 小規模宅地等の特例 対象者範囲見直し ~平成30年度税制改正大綱~

    昨年12月14日、政府より平成30年度税制改正大綱が発表されました。今回はそのうち、「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」の対象者範囲の見直しについて、一部をご紹介いたします。現行制度次のいずれかに該当す…

  • 事業承継の「スキーム」って、何?

    『自分もそろそろいい歳だし、会社の跡継ぎについて考えなきゃな。』そう考えて顧問の税理士に相談すると、こう聞かれることがあります。『どのようなスキームをお考えでしょうか?』よくわからない英語で、質問に質問を返されたようで、…

  • 法定相続情報証明制度

     相続が起こると遺言または分割協議を経て、被相続人が所有していた不動産、銀行口座、証券口座などの名義を相続人に変更しなければなりません。 この相続手続きには、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等及び相続人の戸籍謄本の一…

  • 暦年贈与を賢く活用しよう! ~贈与税の非課税制度~

     平成27 年の税制改正により、贈与税の最高税率が引き上げられましたが、父母、祖父母から子や孫への贈与については、税率が引き下げられ、世代間の財産移転が以前よりも容易になっています。贈与税に関する知識を学び、賢い贈与をし…

  • 略式組織再編

     組織再編行為を実施する際には、会社法上多くの手続きが求められています。手続きのひとつに株主総会がありますが、一定の条件のもとに株主総会を省略できる制度があります。これからご説明する内容は、存続会社が組織再編前から存在し…

  • コンビニエンスストアが低層住居専用地域に出店

     住宅の多い市街地には低層住居専用地域というエリアが規定されています。第一種・第二種があり、住環境を良好に保つ目的で建物の高さ制限や延べ床面積の上限を厳しくして、日当たりを良くし(容積率)、建物に対しての敷地面積に余裕を…

  • 生命保険に係る課税関係と非課税規定等

     生命保険の契約内容によって課税される税金の違いやどのような節税効果があるのかを今回のブログを通して勉強していきましょう。課税関係 満期・死亡保険金を受け取った場合には、所得税又は相続税、贈与税のうちのいずれかが課税され…

ページの先頭へ戻る