投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

未分類

  • 海外居住者から相続、遺贈により財産を取得した場合

     海外に住んでいる方が亡くなり、相続や遺贈により財産を取得した場合の日本の相続税はどうなるのでしょう?〔ケース1〕 私と妻は15年前に結婚し、現在10歳の息子がいます。妻はアメリカ人で日本国籍は持っていませんが息子は日本…

  • 有限会社とは? ~事業承継 編~

    そもそも、「有限会社」とは何か? 厳密に言うと、2018年現在「有限会社」はもう日本に存在しません。ですが、世の中に『有限会社○○』といった会社が存在しているのも事実です。では、有限会社を名乗っている会社はいったい何なの…

  • 横領があった場合の税務上の取扱い

     横領は新聞やテレビなどにおいてたびたび取り上げられ、企業としてはとても大きなリスクと問題を抱えています。 横領は、自社の役員や経理担当者などが架空経費を計上して横領する場合や売掛金を着服して横領する場合などが考えられま…

  • 確定申告を振り返って

    はじめに 1年で最も忙しい時期と言っても過言ではない確定申告も無事に終わり、事務所内も平穏が戻りつつありますが、まだまだ残務処理に追われる今日この頃です。 今年の確定申告を振り返り、譲渡所得税申告をするなら、知っておくべ…

  • 相続税調査事例

     平成29年11月国税庁が平成28年7月から平成29年6月までの間に実施した実地調査(平成26年中に生じた相続を中心とした調査)の状況を公表しました。調査事例からどのような事由で過少申告または無申告として指摘されているの…

  • 試用期間中に注意するポイントとは?

     Q:「試用期間」とは? A:試用期間とは、社員が正社員として働く上で、会社側が求める適性や能力を持っているかどう   かを見極めるために、会社側が設けている期間です。「見習い期間」「テスト期間」の意味が   あり、期間…

  • 自社株式を対価とした株式取得による事業再編の円滑化措置の創設について

    平成30年度税制改正により、自社株式を対価とした企業買収が実行しやすくなります。自社株式を対価とした買収の問題点買収会社(以下A社)が買収対象会社(以下B社)からB社株式を取得する際、B社株主にはB社株式を譲渡したことに…

  • 所得税の非課税

     連日、平昌オリンピックでの日本人の輝かしい活躍が報道されておりますが、ちょっと気になるのがメダリストの報奨金です。オリンピックでメダルを獲得すると、日本オリンピック委員会(JOC)は、報奨金を出します。この報奨金につい…

  • 配偶者の相続税額の軽減

     年末調整や確定申告時に適用できる所得税法上の配偶者控除のように相続税法上にも配偶者に関する規定がございます。相続税法上の規定のうち今回は配偶者の相続税額の軽減についてお話していきたいと思います。配偶者の相続税額の軽減に…

  • 理事長コミュニケーションランチミーティング(スタッフ④)

    2月13日(火)、理事長コミュニケーションランチミーティングが開催されました。参加者は12名、2時間ミーティングをしながら昼食を取りました。 まずは前期を振り返り決意発表の場となりました。 &nbsp…

ページの先頭へ戻る