お客様の声(株式会社マツモト交商・マツモトファインケミカル株式会社)|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

お客様の声

【お客様DATA】 創業350年 マツモトグループ様
(株式会社マツモト交商・マツモトファインケミカル株式会社)

株式会社マツモト交商

【本社所在地】
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1丁目13番7号 PMO日本橋室町5階
【創業】
1663年(寛文3年)
【代表取締役 会長 兼 社長】
松本 伊兵衛
【事業内容】
化粧品・医薬品原料の販売・輸出入、安全性及び有用性・有効性試験受託

マツモトファインケミカル株式会社

【本社所在地】
〒272-0023 千葉県市川市南八幡5-13-2
【創業】
1939年(昭和14年)
【代表取締役 会長】
松本 伊兵衛
【事業内容】
有機金属化合物、化粧品原料、アクリル系含浸接着剤などの研究・開発・製造・販売及び輸出入

【従業員数】
グループ総員:約110名

350年の歴史を支えてきたのは、いつの時代も“人”だった。

2013年に創業350周年を迎えたマツモトグループの歴史は、徳川4代将軍・家綱の時代までさかのぼる。1663年(寛文3年)に、大阪・堺から江戸に出て、薬種問屋「いわしや松本伊兵衛」を創業したことに始まる。

現在は、化粧品原料を扱う化学品商社として、新製品開発や既存商品改良に関して常に世の中のニーズを的確に捉え、最新の情報・技術・素材を駆使して顧客の課題に応えている。

また同社は、商社として価値ある情報を顧客に提供することを使命とすべく「情報加効会社」を宣言。情報収集力、情報解釈力、情報発信力といったマーケティング機能に磨きをかけ、「情報に効果を加えること」=「情報を付加価値のある情報に加工して顧客に届けること」で、業界内でナンバーワンの独創性を発揮している。

現在の同社の地位を揺るぎないものにした原動力は“人”にある。人間性の尊重、貢献の重視、独創性の重視、生活向上の重視という4つの経営理念のなかでも、特に「人間性の尊重」を社員教育の柱に据え、一人ひとりの社員が自主性をいかんなく発揮できる環境を整えているのは、同社の大きな特徴である。

お客様の課題

マツモトグループ様は、2007年当時、お付き合いされていた会計事務所がありましたが、情報提供などの部分で物足りなさを感じていらっしゃいました。同時に、企業のさらなる発展をサポートしてくれるパートナーとして、新しい会計事務所を探していらっしゃいました。

【ご提供サービス】

税務顧問契約
毎月訪問して月次決算書・財務分析資料や各種情報資料を提供。決算6ヶ月前・3ヶ月前・2ヶ月前・決算月に打ち合わせを行い、万全の決算対策を提案。

税務顧問契約の詳細はこちら

給与計算・社会保険手続きアウトソーシング
データの入力、給与明細などの各種帳票出力、振込データの作成、社会保険手続き書類の提出など。間接部門の負担を軽減して、本業に専念できる環境づくりをサポート。

給与計算・社会保険手続きアウトソーシングの
詳細はこちら

【コンサルティングの効果~お客様インタビュー~】
マツモトグループ代表 松本 伊兵衛 様
株式会社マツモト交商 総務部 課長 村嶋 幹生 様

TOMAに依頼したきっかけ

2007年当時、弊社は別の会計事務所に依頼していたのですが、頼りなさというか、物足りなさというか、そんな印象がぬぐえませんでした。こちらから聞いたり、促したりしないとアドバイスが出てこないんですね。「制度がこう変わるからこうしたほうがいい」とか、「この部分は見直したほうがいい」とか。そういったアドバイスはほとんどありませんでした。正直なところ、不満でしたね。

そんなとき、(前社長が)TOMAさん主催の講演会に出席したのですが、そこで藤間代表の魅力的な講演を聴いて「ここがいい!」と。それが、TOMAさんとのお付き合いのきっかけでした。

コンサルティングの効果

TOMAさんの素晴らしいところは、情報提供が迅速かつタイムリーなことです。節税や減税に関する情報をタイミングよく提供していただけるので、弊社も素早く対応できるんです。また、「企業分析」は非常に参考になっています。弊社の課題がどこにあって、どう改善していけばいいのかといったことを経営幹部が共有していける。それまではこういったことがなかったので、非常に有り難く感じています。

ちょうど今、弊社は世代交代を図ろうとしている時期でもあり、「承継」というのは一つのテーマになっているのですが、そこに関しても懇切丁寧に助言をいただいていますので、将来を見ていくうえでも安心感があります。承継における注意点などを明確に示していただけるのは、やはりTOMAさんの経験やノウハウによるところが大きいのでしょう。税務だけを淡々とこなしている会計事務所とはひと味もふた味も違いますね。相談できる幅が広いというのは、依頼する側からしたらすごく頼りがいがある。TOMAさんの魅力だと思います。

TOMAの印象

TOMAコンサルタンツグループという会社は、藤間代表が象徴していると思います(笑)。代表と同じで、みなさんとにかく元気がいい。「若くて勢いのある会社」という印象は、ずっと変わりませんね。代表が理念に掲げていらっしゃる「明るく、元気、前向き」という理念が全社員にしっかり浸透しているんだと思います。

担当コンサルタントの印象

斉藤さんとの出会いは、弊社にとって本当に大きなことだと思って感謝しています。TOMAさんの仕事って、やはり信頼性が第一だと思うんです。斉藤さんは、まさにその「信頼」を大いに感じさせてくれる人で、話を聞いていて「この人なら大丈夫だ」って思えるんです。

税務などの仕事における情報も的確。安心感が違います。これだけ信頼できる人が担当に付いてくれていたのは弊社にとって非常に幸運なことです。実際に、斉藤さんは私の友人にも紹介させていただいたくらいで、その友人もとても喜んでくれています。

残念なのは、斉藤さんがシンガポールに行ってしまうことです・・・頼りにしていましたからね。ただ、後任の早田さんとお話させていただいても、TOMAさんには優秀なコンサルタントの方が大勢いらっしゃるんだなと感じさせられます。若くて元気で聡明。最初から斉藤さんを凌ぐような仕事はできないかもしれませんが、大いに期待していますよ。

今後、TOMAに期待すること

弊社は今、変革期にあります。そんななかで、「こうなりたい」「こうしたい」といった要望に対して、的確な答えをいただければと思います。

なかでも、グローバル展開は弊社の大きなミッションですから、今後は国際税務の面でもTOMAさんのお力添えが欠かせないと思っています。今は上海で準備を進めていますが、税務だけでなく人事・労務も含め様々な問題があるんです。現地の人に任せることができない仕事もありますし、だからといってこちらの専門社員が行くわけにもいかない。海外での税務・人事・労務面でのサポートは、これからのTOMAさんに大いに期待するところですね。

株式会社マツモト交商のWebサイトはこちら
マツモトファインケミカル株式会社のWebサイトはこちら

TOMA担当コンサルタント

斉藤 哲 シンガポール支店 支店長

大手住宅メーカー勤務を経て、2005年、TOMA税理士法人に入社。法人・事業承継担当を経て、個人・法人両面からの組織再編・事業承継・国際税務のコンサルティングを行う。一つの分野に限らず全体的な戦略を考えることができる数少ない税理士であり、お客様の立場に立った実践的アドバイスに定評がある。特に海外・国際税務に強みを持っており、2013年10月、シンガポール支店長に就任。

早田俊一 コンサル2部 戦略税務コンサル課 主任

税理士法人勤務を経て、2012年、TOMA税理士法人に入社。企業の経営指導・節税対策・財務強化指導のほか、組織再編・事業承継・相続自社株対策など幅広い分野のアドバイザリー業務に従事している。

ページの先頭へ戻る