お客様の声(日東エネルギーグループ様)|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

お客様の声

【お客様DATA】日東エネルギーグループ様

日東燃料工業株式会社

【所在地】 〒121-8505 東京都足立区六木1-19-13
【設立】 昭和17年
【資本金】 4,000万円
【従業員数】 606人(平成22年4月現在)
【事業内容】 LPガス製造、石油製品販売、住宅設備機器・家電製品販売、容器検査、LPガス配送、スーパーマーケット

日東エネルギー株式会社

【所在地】 〒121-8505 東京都足立区六木1-19-13
【設立】 平成8年
【資本金】 4,000万円
【事業内容】 LPガス販売、石油製品販売、住宅設備機器・家電製品販売

安心・快適な住空間を提供するリーディングカンパニー

昭和17年に練炭の製造・販売を業務とする日東燃料工業株式会社を設立。家庭用エネルギーの変遷にともない、昭和37年からLPガスの販売を開始。平成8年には、エネルギー販売部門を独立させた日東エネルギー株式会社を設立し、現在はグループ10社で事業を展開している。業務内容は、家庭用・業務用LPガスの販売を主軸に据え、約18万件のクライアントにLPガスを供給。関東屈指のシェアを誇っている。近年はエネルギー事業にとどまることなく、水回りを中心としたリフォームなど事業を拡大している。

お客様の課題

日東エネルギーグループ様は、事業拡大にともない関連会社が増えるなか、グループ全体での損益が見えにくい状態になっていました。また、経理業務全般に非効率な部分を抱えていらっしゃいました。

【ご提供サービス】業務改善コンサルティング

【1】 現状業務の把握
→現場の声をヒアリング
・日常業務をヒアリング
・帳簿類や承認ルートの確認
【2】 業務課題を分析
→日常業務を可視化
・業務フロー図の作成
・業務課題の抽出・検証
【3】 業務改善の提案
→業務改善への提案
・業務の全体最適化のための施策
・業務システム導入の提案
【4】 業務課題の共有
→業務担当者との課題共有
・業務上の問題・改善内容を共有
・改善後の運用ルールを共有
【5】 システムの導入
→業務効率化のためのシステム導入
・可視化した業務をシステムにより共有化
・管理会計の仕組みを構築
・業務の効率化を実現
【6】 改善後のフォロー
→安定運用に向けたフォロー
・運用のための仕組みを構築
・管理会計の強化を実現

業務改善コンサルティングサービスの詳細はこちら

コンサルティングの効果

具体的な改善効果

紙媒体での処理を50%削減!
・業務帳票のペーパーレス化を実現
・申請書類の簡易化を実現
・書類作成・チェックにかかる工数削減

現場担当者の声

・グループ10社で約4時間、本社で約30時間、合計で月間70時間もの工数削減に成功しました。
・手書きでの作業が減って、急ぎの作業にも迅速に対応できるようになりました。

経費一括管理体制の構築で経費軽減!
・経費精算規定を策定し、経費の管理を徹底
・現金決済から振込決済への移行で業務を効率化
・月1回の振込決済により経費も削減
・現金を持たなくなってリスクが軽減

・常に現金決済業務が優先されていましたが、社内規定と月1回の決済で作業効率が上がりました。
・毎日の小口現金の作業による負担が減り、コア業務に専念できるようになりました。

業務の可視化により業務の標準化を実現!
・業務フロー図の作成により業務の標準化を実現
・担当者の移動や引き継ぎ業務の時間を短縮
・手書きによる管理をなくし転記によるミスを防止

・業務フローがあるおかげで、業務の流れから引き継ぎまでスムーズに対応できるようになりました。
・本社と拠点で異なっていた業務フローを統一できました。

本社と営業所間での横展開が可能に!
・全グループ損益の一元管理を実現
・地域別・事業別の予算実績管理を実現
・会社資産の一元管理を実現

・戦略上の課題を全社単位・営業所単位で把握できるようになり、柔軟に軌道修正できるようになりました。
・それまで見えづらかったグループ全体の数字が連結決算書で明確に見えるようになり、目標・計画を立てやすくなりました。

【お客様インタビュー】
代表取締役社長・赤津正弥様 / 専務取締役・赤津信弥様

コンサルティング依頼前の課題

弊社は複数の関連会社がありますが、当時は個々の会社がバラバラの経理処理をしていたんです。そのため、会社ごとの損益は把握できるものの、内部取引の消去や共通費の配賦基準などが明確でなかった。グループ全体や事業所ごとの損益が把握しにくいのがいちばんの課題でしたね。

TOMAに依頼したきっかけ

ガス業界のあるセミナーに参加したとき、藤間所長のお話に感銘を受けたのがきっかけでしたね。税理士や会計士と言うと、いかにも「先生」といった堅そうな方が多いじゃないですか。藤間所長のような方は少ないと思うんです。そんな所長に魅力を感じて、ぜひ詳しく話を聞いてみたいと。

ちょうどその頃は、私が社長に就任して経理部門をはじめとした組織の見直しを検討していた時期でしたので、具体的な相談をさせていただきました。実際にお話を聞いてみると、100年続いている由緒正しい企業ということで、そんなところも信頼できましたね。当時の弊社にとって最適なご提案をいただきましたので、お任せしようと思いました。以来、もう4~5年のお付き合いになりますね。

コンサルティングを受けてみて

何よりも、きっちり結果が表れたのがよかったですね。システムの導入によってグループ全体の損益が見えるようになりましたので、明確な目標設定ができるようになりましたし、経営行動計画書の策定もお手伝いしていただいたおかげで、全社一丸となって目標を達成するための基盤ができました。

TOMAの印象

コンサルティングできっちり結果を出してくれるのは、さすがプロ。そこはもちろん頼りにしていますが、弊社としては精神的な面でパワーをいただいているのが大きいと思っています。理念と経営の勉強会では、いつも藤間所長から刺激をいただき、会社にも有益なフィードバックができています。

実は弊社は、TOMAさんの「明るく、元気、前向きに」という理念から刺激を受け、「明るく、楽しく、前向きに(A・T・M)」というコンセプトを掲げたんです。まだスタートしたばかりですが、少しずつでも浸透していけばと思っています。

担当コンサルタントの印象

バイタリティに溢れ、熱心で、一生懸命。「明るく、元気、前向き」という理念が全社員に根付いているんだなあと思います。弊社のニーズをしっかり捉えてくれていますし、分析の精度にしても提案の質にしても、いつも感心させられます。弊社のことをこれほど真剣に考えてくれる人がいるのは、心強い限りですね。

今後、TOMAに期待すること

今や、TOMAさんは弊社にとって欠かせないパートナーです。会計のコンサルティングをするだけの会社ならいくらでもありますが、会計にとどまらず経営的な部分まで幅広くかつ深い相談ができるのがTOMAさんの魅力なので、そのあたりは今後も頼りにしています。持木さんも五島さんもうるさいくらい熱心に提案してくれますので、心配はしていませんが(笑)。

日東エネルギーグループのWebサイトはこちら

TOMA担当コンサルタント

持木健太 部長 理事 ITコンサルタント

立教大学理学部物理学科卒業。IT関連の知識と会計・財務の知識を融合したコンサルティングを得意とし、多くの顧問先において会計・給与・販売仕入管理・在庫管理・ワークフローシステムの導入支援や運用指導を実践。「経営とITを結びつけるプロフェッショナル」として、中小企業の活性化のため奮闘している。

五島佳代子 経営コンサルタント

横浜国立大学経営学部経営学科卒業後、財務・経営コンサルタントとして活躍。経営計画策定、経営計画発表会支援を手がけるほか、中小企業の経営者に財務状況や経営に役立つ情報を分かりやすく伝え、「明るく、元気、前向き」な企業づくりに貢献している。

ページの先頭へ戻る