投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

XBRLとは。シンガポールでも使われている?【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回は、XBRLについてご説明します。

 

【XBRLとは】

株式公開用語辞典によると、XBRLとは、eXtensible Business Reporting Language の略で,企業の財務諸表などを記述するためのXMLがベースになったマークアップ言語を言います。

日本では2008年から有価証券報告書の提出にあたり、財務データをXBRLにして金融庁へ提出するようになりました。また、決算短信についても同様の扱いとなっています。

なお、シンガポールでも現地法人が決算書をACRA(シンガポールの登記局)へ提出する際に、財務データをXBRLにして提出することが求められています。

決算書の利用者からみると、データを加工して財務分析に利用できるため、使い勝手がよいのではないでしょうか。

 

【Q&A】

(Q1)

弊社はシンガポールに支店があります。シンガポール支店の決算書などをACRAへ提出していますが、これらもXBRLにする必要があるのでしょうか?

(A1)

必要ありません。現地法人にのみ求められています。

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/tomaglobal/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナーなど】

6月6日(火)14:30~17:30

連結会計導入セミナー ~検討中・導入後の処理でお悩みの方へ~ 〔中小企業向け〕海外子会社の連結やキャッシュ・フロー計算書作成も含めて解説

http://toma.co.jp/seminar/h290606/

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る