投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

海外展開企業向け会計&税務情報:シンガポール

JETROアンケート調査結果とシンガポールに法人を設置する意義【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【JETROアンケート結果】

ジェトロ・シンガポールでは、2015年12月に「第4回在シンガポール日系企業の地域統括機能に関するアンケート調査」という題目で、アンケート結果を発表しています。

傾向としては、地域統括機能を有する会社をシンガポールにとりあえず設置して、その後の様子を見ながら各社新たな方針を決めていくというスタイルのようです。シンガポールに地域統括機能を設置したことによる満足度は高い傾向にあります。

詳細は下記のウエブサイトをご覧ください。

https://www.jetro.go.jp/world/reports/2015/01/489c40ecf7414f81.html

ジェトロ・マレーシアでも同様のアンケートが実施されています。

https://www.jetro.go.jp/world/reports/2015/01/f5210fd467fe5210.html

 

 

【シンガポールに法人を設置する意義】

統括会社に限らないのですが、シンガポール法人を設置した後、その法人が、いわゆるコストセンターとなるか、プロフィットセンターになるかで、シンガポール法人設置の満足度が変わってきます。

シンガポール法人の事業に一定の意義があるものの、コストばかりかかる法人になると、シンガポールは物価が高いので、他のアジア諸国へ法人を移管してもいいのではないかという意見が増えてくるでしょう。このような会社は、いかにコストを圧縮するか、または、戦術の見直しがテーマになります。

この一方で、毎期一定の利益を生み出せるようになりますと、低い税率の恩恵を受けることが出来ますので、シンガポールに法人を設置してよかったと感じる法人が増えてくる傾向があります。特にトレーディング(金融機関や商社)を事業としている法人は、その傾向が強いようです。

 

【シンガポール進出のお勧めポイント】

実際にシンガポールに勤務している筆者の経験から言えることは、設立が簡単であること、英語で仕事ができること、日本人も多いこと、近隣諸国の情報が入りやすいこと、お子様の教育機関もそろっていること、従業員がしっかり教育を受けており優秀であるというメリットがシンガポールにはあります。これは他のアジア諸国にはなかなかない長所です。

海外進出に慣れていない企業様にとって、海外慣れをする場所として、シンガポールを選ばれるのは得策と思われます。

一度進出して様々な経験をすることが海外進出への良いステップになるのではないでしょうか。

 

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

1月20日(水) 15:00~17:00 企業の国際取引に関する税制改正セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h280120/

 

1月29日(金) 15:00~17:00 日本の近年の国際取引税制改正セミナー【シンガポール会場】

http://toma.co.jp/seminar/sin02/

 

2月9日(火) 13:30~16:00 海外勤務者・外国人社員について知っておくべき7つのポイントセミナー【静岡会場】

http://toma.co.jp/seminar/h280209/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る