投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

IFRS(国際財務報告基準)の適用時期と要件とは


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

IFRS(国際財務報告基準)の適用時期と要件とは


グローバルビジネスを展開するにあたって、IFRSの導入は避けては通れないテーマになっています。
以下では、IFRS(国際財務報告基準)の適用時期や導入する際の要件について紹介します。


■世界におけるIFRS(国際財務報告基準)の適用時期

IFRSの元は1973年に設立された国際会計基準委員会(IASC)が進めてきた国際会計基準に遡ります。
この組織は2001年に大幅に変更し、国際会計基準審議会(IASB)と新たなものになりました。

IASBが作ってきた会計基準の総称をIFRSと言います。
EU各国では2005年に全面的に導入されており、今では世界120以上の国々でIFRSを導入しています。

なお世界有数のビジネス大国であるアメリカは、米国会計基準を修正してIFRSに適用するコンバージェンスを進める方針でした。
しかし世界各国におけるIFRSの普及が進み、アメリカにおいてもIFRSを導入する流れに。
結局アメリカ国内の企業については、任意・強制適用いずれの結論も出ていない状況になっています。


■日本におけるIFRS(国際財務報告基準)適用の時期とは

ビジネスのグローバル化に伴って、日本においても強制適用が検討されていました。
しかし、日本の会計基準から国際会計基準への移行は、準備や検討を充分に重ねる必要がありました。
さらに、アメリカのIFRS導入が未定となったことや、2011年に発生した東日本大震災の影響もあったことから、IFRS強制適用は先延ばしされているのが現状となっています。

日本では2010年から3月期から任意でIFRSを導入することが認められています。
さらに、2013年10月には任意適用の要件も大幅に緩和されるなど、政府としても企業がIFRSを導入することについて推進するスタンスを持っています。
なお、日本企業でIFRS適用会社数は101社(※)となっています。

※平成28年12月現在
参照:http://www.jpx.co.jp/listing/others/ifrs/index.html


■日本における国際財務報告基準(IFRS)の適用要件は?

企業がIFRSを適用するためには条件があり、以下を満たす必要がありました。

1.上場していること
2.IFRSによる連結財務諸表の適正性確保への取組・体制整備をしていること
3.国際的な財務活動または事業活動を行っていること

しかし、前述のように適用が緩和されたことで、1と3に当てはまらなくてもIFRSを任意適用することが可能になりました。
上場企業は決算内容を開示する義務があることから、これから上場を目指す企業さらには海外ビジネスを展開する企業については、事前にIFRS導入の対策を取れると言えるでしょう。


世界情勢や経済環境は日々目まぐるしく変化を続けています。
会計基準についても時代に合わせた改変がされていくことが想定されます。
IFRSの導入についても日本においては強制ではないものの、世界の動向に注視する必要があるでしょう。

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

2月14日(火) 14:30~17:00

フィリピン進出セミナー【東京開催・静岡会場にライブ配信】

http://toma.co.jp/seminar/h290214/

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る