投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

IFRSの読み方 シンガポールでは? How do you say “IFRS” in Singapore? 【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回は、国際財務報告基準(International Financial Reporting Standard,略称IFRS)がどのような読み方をされているのかを説明します。また、TOMAグループシンガポール支店ならではの視点から、シンガポールでの読み方も調査しました。

 

【読み方は3通りあるが】

読み方は以下の3通りが考えられます。

A アイ・エフ・アール・エス

B アイ・ファース

C イファース

 

筆者(シンガポール駐在の公認会計士の神谷です)はCのイファースかAのアイ・エフ・アール・エスと呼んでいます。

 

【それぞれの読み方の解説】

Aについては、アイ・エフ・アール・エスと細切れな発音となり面倒な感じがします。しかし、大手会計事務所のKPMGやYMCAのように4文字であればリズムをとって発音できますからよいのではないでしょうか。

Bについては、会計の実務家以外の方が読んでいるのを見かけます。国際的な名称は“I”から始まる発音が多く、その影響を受けて、アイ・ファースと読むのでしょう。

しかし、インターネットで検索していると、アイ・ファースと読むのは控えたほうが良いという話が出ています。これは、IFRSの解釈指針を作成している組織(IFRIC、International Financial Reporting Interpretations Committee)を、アイフィックと呼んでしまい、外国人には、I f**k you(記載を省略します)というスラングを連想させてしまうからです。

Cについては、会計の実務家が良く使っています。

 

【Q&A】

Q

ちなみに会計士の神谷さん(このブログの筆者です)が住んでいるシンガポールでは、どのように読まれているのでしょうか?

A

複数のシンガポール人に尋ねたところ、アイ・エフ・アール・エスと読むとの回答でした。学校でもアイ・エフ・アール・エスで教わっているとのことです。

なお、シンガポールの日本人にも聞いたところ、アイ・エフ・アール・エス2名、アイ・ファース1名でした。

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/tomaglobal/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナーなど】

5月12日(金) 15:00~17:30 

シンガポール進出2017年最新事情セミナー 【東京のセミナーを静岡でライブ中継】

http://toma.co.jp/seminar/h290512/

6月6日(火)14:30~17:30

連結会計導入セミナー ~検討中・導入後の処理でお悩みの方へ~

〔中小企業向け〕海外子会社の連結やキャッシュ・フロー計算書作成も含めて解説

http://toma.co.jp/seminar/h290606/

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。

 

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る