投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

連結決算の手順・仕訳紹介シリーズ その8 投資と資本の相殺消去 のれんの計上 Consolidated Statements. How to prepare and present? Part 8 【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回も、投資と資本の相殺消去についてお話をしますが、子会社を買収した際に発生する「のれん」について取上げます。

 

【子会社を買収したケース】

親会社が子会社を買収したとしましょう。純資産10,000,000円の会社を、将来の収益性を見込んで35,000,000円で買収したとします。

 

この場合の親会社の仕訳は以下の通りです。

(借)子会社株式 35,000,000円  (貸)現金預金 35,000,000円

 

図で示すと下記の通りです。

36%e5%9b%b3

 

 

 

 

 

親会社の貸借対照表と子会社の貸借対照表を合算した場合、借方には子会社株式35,000,000円が、貸方には資本金10,000,000円が計上されます。このうち、10,000,000円については、連結グループ全体から見ると、単に内部取引にすぎないため相殺消去する必要があります。

しかし、子会社株式35,000,000円のうち、25,000,000円部分は相殺消去されずに連結貸借対照表に残ります。

結論から申し上げますと、25,000,000円部分は、「のれん(Goodwill)」として処理することが求められていますので、振替の仕訳をします。

 

(借)資本金 10,000,000円  (貸)子会社株式  10,000,000円

(借)のれん 25,000,000円  (貸)子会社株式  25,000,000円

 

 

【連結財務諸表の「のれん」の意味】

のれんは、日本の会計基準では貸借対照表の固定資産の部の無形固定資産の部(連結財務諸表規則第28条第1項)で、国際財務報告基準における決算書では貸借対照表の非流動項目の箇所(日本でいうと固定資産の部)にそれぞれ表示されます。

のれんは、買収した子会社の将来の超過収益力を反映したものといわれています。具体的には純資産10,000,000円の会社を35,000,000円で買ったということは、差額の25,000,000円は将来子会社がそれだけ利益を生み出すだろうと思って買ったと推定しています。

そのため、本来の子会社株式の取得原価は10,000,000円となるところ、超過収益力分を乗せて支払ったという解釈をします。

のれんについては、その会計処理が注目を浴びています。詳細は次回お話させていただきます。

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

 

2016年9月29日(木) 14:00~17:00

失敗事例から学ぶ!ベトナム進出セミナー【ライブ中継で東京・静岡同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280929/

 

2016年9月30日より11月9日まで

海外進出企業様向け 個別相談会 S k y p e を使ったご相談も対応可能です。

http://toma.co.jp/pdf/2016outboundsoudan.pdf

 

2016年10月19日(水) 14:30~17:00

国際弁護士が解説する 海外進出トラブル事例セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h281019/

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る