投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

返品権付きの商品販売 ~国際財務報告基準(IFRS)によると~【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回は、返品権付きの商品販売についてお話します。

 

【事例】

プラモデルの製作を行う会社(A社)は、商品を小売店へ販売する。小売店は購入後180日以内であれば、商品を返品できることとなっている。A社が予想される返品率については、非常に高い精度で見積もっており、この返品率を上回る返品による収益減少が発生しないと認識している。

・ 売上高 100

・ 予想される返品率 10%

・ 当該商品の利益率 20%

 

【国際財務報告基準(IFRS)による仕訳】

 

(借)売掛金 100            (貸)売上           90

            (貸)返金負債    10

 

(借)売上原価 72          (貸)商品           80

(借)返品権       8

 

【上記仕訳の解説】

国際財務報告基準による収益の認識(売上の計上)については、認識した収益の累計額について重大な戻入れが生じない可能性が非常に高い範囲でのみ、収益として含める旨を定めています(IFRS第15号 Revenue from Contracts with Customers 第56項)。このため、返金を見込んでいる場合には、その金額を返金負債としなければならないとしています(同55項)。

日本では売上を100円として、返品が予想される金額を返品調整引当金として処理する慣行があります。しかし、国際財務報告基準では、売上の金額に変動する要素があれば、その金額を期待値や最も可能性の高い金額で適切に見積る必要があるとしています(同基準50項、53項)。このため、不確実性のある売上金額については、売上の計上が認められず、差額を負債として計上することとなります。

また、売上に対応する原価についても同様の考え方をとっており、返品に応じることが想定される場合は、商品の変換請求権として資産に返品権を示す金額を計上することとなります。

なお、返品率の変動は毎期見直す必要があります(同基準59項)。

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/tomaglobal/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナーなど】

6月29日(木)、8月3日(木)、8月25日(金)

【外資系企業向け】 税務・会計・監査お悩み相談会

http://toma.co.jp/seminar/fcconsul/

 

7月12日(水)

<東京会場>14:00~16:30 (受付13:30~)

<シンガポール会場>13:00~15:30 (受付12:30~)

海外赴任と外国人雇用丸わかり!セミナー【東京のセミナーをシンガポールでライブ中継!】

http://toma.co.jp/seminar/sin05/

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る