投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

資産除去債務 その4 割引率の決定方法 Provision for clean-up cost Part 4 【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

 

【はじめに】
今回は、資産除去債務の算定に際して用いられる割引率についてお話をします。


【割引率の決定方法】

資産除去債務に関する会計基準第6項で下記のように定めています。

「割引率は、貨幣の時間価値を反映した無リスクの税引前の利率とする。」

実務上は、国の利付国債の流通利回りなどを参考にして決定することが多いです。

なお、国際財務報告基準(IFRS)では、信用リスクを加味した割引率を使います。

国際財務報告基準(IFRS)の37 ”Provisions, Contingent Liabilities and Contingent Assets”の第47項で下記のように定めています。

The discount rate (or rates) shall be a pre-tax rate (or rates) that reflect(s) current market assessments of the time value of money and the risks specific to the liability. The discount rate(s) shall not reflect risks for which future cash flow estimates have been adjusted.

また、資産除去債務の割引率は、除去費用の見積りに大きな変更がない限り変更がありません(同会計基準第11項)

 

【流通利回りがマイナス=割引率がマイナスの場合】

現在、日本の国債の利回りを見ると、償還期間が7年ぐらいまでの国債はマイナス金利となっています。このため、そのままマイナス金利を割引率として採用すると、将来の除去債務よりも大きな金額が貸借対照表の負債として計上されることとなります。

例えば除去費用が1,000、除去前の期間が5年とした場合、2017年2月1日時点の5年もの国債利回りは△0.1%ですので、除去費用の現在価値は1,005→1,004→1,003→1,002→1,001→1,000と推移しますので、初年度の負債額は1,005となり除去費用1,000よりも大きくなってしまいます。

現在のところ、日本の会計基準等で、マイナス金利への対応については、退職給付債務については割引率マイナスもしくはゼロのいずれかの選択適用を認める旨の発表がありましたが、資産除去債務に関しての発表がありません。

筆者はシンガポールに勤務していますが、シンガポールはマイナス金利となっていないため、そのような議論もありませんし、国債財務報告基準(IFRS)の動向をみても、マイナス金利に対する対応について明確な扱いを発表していないと思われます。

実務上は、マイナスの割引率で割り引くことについて実務上可能であれば、そのまま割引するという解釈しかできないのかなと筆者は思っています。早く対応に関する指針が発表されればよいのですが。

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/


【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/


【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/


【Japan Tax Guide ? for Beginners ? 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/


【TOMAグループお薦めセミナー】

2月14日(火) 14:30~17:00

フィリピン進出セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h290214/

 

3月24日(金) 15:00~17:30

ミャンマー進出への留意点!セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h290324/


【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより。

お問い合わせは、https://toma.co.jp/contact/まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る