投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

英文決算書の読み方 その3【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

シンガポールの会社の決算書を題材に、複数回にわたり英文決算書の読み方についてご説明しております。今回は決算書に添付されている監査人の監査報告書について、実際の記載内容をご説明します。

【実際の記載内容】

実際の事例を記載し、そのあと詳細をご説明します。

 

Independent auditor’s report to the members of ××Pte. Ltd.

Report on the Financial Statements

We have audited the accompanying financial statements of ×× Pte. Ltd. (the“Company”) and its subsidiaries (collectively, the “Group”) set out on pages ○ to ○, which comprise the balance sheets of the Group and the Company as at 31 December 2015, the statements of changes in equity of the Group and the Company and the consolidated statement of comprehensive income and consolidated cash flow statement of the Group for the year then ended, and a summary of significant accounting policies and other explanatory information.

Management’s Responsibility for the Financial Statements

Management is responsible for the preparation of financial statements that give a true and fair view in accordance with the provisions of the Singapore Companies Act, Chapter 50 (the “Act”) and Singapore Financial Reporting Standards, and for devising and maintaining a system of internal accounting controls sufficient to provide a reasonable assurance that assets are safeguarded against loss from unauthorised use or disposition; and transactions are properly authorised and that they are recorded as necessary to permit the preparation of true and fair financial statements and to maintain accountability of assets.

Auditor’s Responsibility

Our responsibility is to express an opinion on these financial statements based on our audit. We conducted our audit in accordance with Singapore Standards on Auditing. Those standards require that we comply with ethical requirements and plan and perform the audit to obtain reasonable assurance about whether the financial statements are free from material misstatement.

An audit involves performing procedures to obtain audit evidence about the amounts and

disclosures in the financial statements. The procedures selected depend on the auditor’s judgment, including the assessment of the risks of material misstatement of the financial statements, whether due to fraud or error. In making those risk assessments, the auditor considers internal control relevant to the entity’s preparation of the financial statements that give a true and fair view in order to design audit procedures that are appropriate in the circumstances, but not for the purpose of expressing an opinion on the effectiveness of the entity’s internal control. An audit also includes evaluating the appropriateness of accounting policies used and the reasonableness of accounting estimates made by management, as well as evaluating the overall presentation of the financial statements.

We believe that the audit evidence we have obtained is sufficient and appropriate to provide a basis for our audit opinion.

Opinion

In our opinion, the consolidated financial statements of the Group and the balance sheet and statement of changes in equity of the Company are properly drawn up in accordance with the provisions of the Act and Singapore Financial Reporting Standards so as to give a true and fair view of the financial position of the Group and of the Company as at 31 December 2015 and the financial performance, changes in equity and cash flows of the Group and the changes in equity of the Company for the year ended on that date.

Report on Other Legal and Regulatory Requirements

In our opinion, the accounting and other records required by the Act to be kept by the Company

been properly kept in accordance with the provisions of the Act.

Ernst & Young LLP

Public Accountants and

Chartered Accountants

Singapore

○○ July 2016

【監査報告書の記載内容】

監査人であるErnst & Young LLPにより監査報告書が作成されています。監査義務がある会社の場合、公表される決算書に添付されています。

監査報告書の記載内容は定型的です。具体的には以下のとおりです。

・監査の対象となった決算書の範囲

冒頭のWe have auditedからはじまる段落で、監査人の監査の対象が記載されています。決算書本体のほか、会計方針や注記事項まで監査対象とするとしています。

・経営者の決算書作成に関する責任(Management’s Responsibility for the Financial Statements)

経営者は会計基準に準拠した決算書を作成する責任をおっており、その責任は、決算書作成に影響を与える内部統制の適切な整備や維持(運用)にまで及ぶ旨が記載されています。

・監査人の責任(Auditor’s Responsibility)

監査人の責任は監査の基準に従って意見を表明することである旨と、意見の内容が記載されています。監査人の責任については、監査の基準に従った監査の考え方や手法も合わせて書かれています。

・文書の保管に関する報告(Report on Other Legal and Regulatory Requirements)

会計及び法律で規定されている文書については、適切に保管されている旨が報告されています。日本の監査報告書にはこのような記載はありません。

【監査報告書の読み方】

私見ですが、財務諸表の読者が監査報告書を見る場合、監査人の意見(In our opinionからはじめる文章)を見ていただければと思います。ほとんどの場合、適正意見(決算書が会計基準におおむね準拠して作成されていることを意味する)が表明されています。

イレギュラーケースとして、監査人交代による1年目の監査で、会計帳簿の期首残高に関する監査ができなかったなどのケースがあります。このような場合は、典型的な監査報告書より文章が長くなっていますので、他社の監査報告書と比較しながら読むとわかると思います。

【監査報告が遅れる場合】

シンガポールでは、非上場会社の場合、決算日から6が月以内に監査報告書を入手し、株主総会で決算書を決議する必要があります。

しかし、期限までに監査報告書が発行されないケースもあります。これは、上記の期限を迎えているが、監査人の監査手続きが続いているため、監査意見を表明できない状態を意味します。

なお、シンガポールでは期限の延長制度があり、最大2ヶ月の延長が認められています。

上記の英文の監査報告書日は7月となっており、決算日である12月末から6ヶ月を超過しています。このため、当該会社は監査が予定通りに終わらず、期限を延長していると推測されます。

【次回】

シンガポールの会社の実際の英文貸借対照表についてご説明します。

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

【Japan Tax Guide ? for Beginners ? 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

【TOMAグループお薦めセミナー】

3月24日(金) 15:00~17:30

ミャンマー進出への留意点!セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h290324/

3月27日(月) 15:30~17:30 

【シンガポール会場】平成29年度 日本の国際取引に関する税制改正セミナー

http://toma.co.jp/seminar/sin04/

4月12日(水) 15:00~17:00

平成29年度 法人の国際取引に関する税制改正セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h290412/

5月12日(金) 15:00~17:30 

シンガポール進出2017年最新事情セミナー 【東京のセミナーを静岡でライブ中継】

http://toma.co.jp/seminar/h290512/

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより。

お問い合わせは、

https://toma.co.jp/contact/

まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る