投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

英文決算書の読み方 その2【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

前回から複数回にわたり、シンガポールの会社の決算書を題材に、英文決算書の読み方についてご説明しております。今回はDirectors’ statement(取締役からの決算書作成と利害関係に関する説明)について、実際の記載内容をご説明します。

【実際の記載内容】

今回は実際の事例を記載し、そのあと詳細をご説明します。

Directors’ statement

The directors present their statement to the members together with the audited consolidated financial statements of ○○○ Pte. Ltd. (the “Company”) and its subsidiaries (collectively, the “Group”) and the balance sheet and statement of changes in equity of the Company for the financial year ended 31 December 2015.

Opinion of the directors

In the opinion of the directors,

(a) the consolidated financial statements of the Group and the balance sheet and statement of changes in equity of the Company are drawn up so as to give a true and fair view of the financial position of the Group and of the Company as at 31 December 2015 and the financial performance, changes in equity and cash flows of the Group and changes in equity of the Company for the year ended on that date; and

(b) at the date of this statement, there are reasonable grounds to believe that the Company will be able to pay its debts as and when they fall due.

Directors

The directors of the Company in office at the date of this statement are:

△△

△△

△△

△△

Arrangements to enable Directors to acquire shares and debentures

Except as described below, neither at the end of nor at any time during the financial year was the Company a party to any arrangement whose objects are, or one of whose objects is, to enable directors of the Company to acquire benefits by means of the acquisition of shares or debentures of the Company or any other body corporate.

Directors’ interests in shares and debentures

The following directors, who held office at the end of the financial year, had, according to the register of directors’ shareholdings required to be kept under section 164 of the Singapore Companies Act, Chapter 50, an interest in shares of the holding company, as stated below: 

 

Direct interest

Deemed interest

Name of director

At the beginning of financial year

 

At the end of financial year

 

At the beginning of financial year

 

At the end of financial year

 

Holding company

○○○Pte.

Ordinary shares

 

 

 

 

 

××

355,657,335

397,187,735

134,311,199

116,259,199

△△

 

 

2,195,000

2,195,000

By virtue of section 7 of the Singapore Companies Act, Chapter 50, △△ is deemed to have interests in the Company and the subsidiaries of the holding company at the end of the financial year.

Except as disclosed in this report, no director who held office at the end of the financial year had interests in shares, share options or debentures of the Company, or of related corporations, either at the beginning or at the end of the financial year.

Share options

No share options have been granted by the Company since its incorporation.

Auditor

Ernst & Young LLP have expressed their willingness to accept re-appointment as auditor.

On behalf of the board of directors,

Director

××

Director

△△

Singapore

○○ July 2016 

【取締役からの決算書に関する声明】

冒頭からしばらくの間、取締役による当該企業グループの決算書を正しく作った旨や負債の返済に問題がない旨が記載されています。また、声明を発表した取締役全員の氏名が記載されます。

この記載は、どの会社の決算書でも同じような内容となっています。

この記載の背景として、取締役が正しい決算書を作成する責任があることを示そうとしているのだと推測されます。そのためか、最後に取締役2名のサインがあります。

日本の非上場会社の決算書では、会社の代表者や取締役が決算書を正しく作ったという声明はありません。

【取締役の株式保有について】

この事例では、2名の取締役が親会社の株式を保有していることや、ストックオプションなどが付与されていないことが記載されています。親会社の株主が子会社の取締役を兼任していることが多く、よくある事例の一つとなっています。

なお、Deemed Interestとは、取締役の配偶者が株を持っている場合などを指し、本人名義で株をもっているわけではないが、取締役が支配を及ぼすことができるような株の保有をしている場合に使われる言葉です。また、Ordinary sharesとは普通株式を意味しています。

こちらの内容も日本の非上場会社の決算書には記載されません。

【監査人について】

来期も同じ監査人に監査を依頼する旨が記載されています。

【私見】

取締役の株の保有に関する記載は確認したほうがよいと思います。その企業グループの位置づけや、どの取締役がイニシアティブをとっているかが推測できるかもしれません。

なお、ストックオプションなどが付与されている場合は、その内容も記載されます。こちらも取締役の利害につながる事項ですので、チェックが必要だと思います。

その他の箇所は、定型的な文章となっており、決算書の読者にとってはあまり重要ではないかと思います。

【次回】

Auditor’s report(監査報告書)について、実際の記載内容をご説明します。

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide ? for Beginners ? 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

3月24日(金) 15:00~17:30

ミャンマー進出への留意点!セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h290324/

 

3月27日(月) 15:30~17:30 

【シンガポール会場】平成29年度 日本の国際取引に関する税制改正セミナー

http://toma.co.jp/seminar/sin04/

 

4月12日(水) 15:00~17:00

平成29年度 法人の国際取引に関する税制改正セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h290412/

 

5月12日(金) 15:00~17:30 

シンガポール進出2017年最新事情セミナー 【東京のセミナーを静岡でライブ中継】

http://toma.co.jp/seminar/h290512/

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより。

お問い合わせは、

https://toma.co.jp/contact/

まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る