投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

海外決算書の科目 英語→日本語簡易対訳 貸借対照表編 【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


【はじめに】

今回は、日本で勤務している方向けに、海外の決算書で使われている勘定科目についての英語→日本語への簡易対訳について記載します。

なお、記載は読者への便宜を図るために制作されたものにすぎません。このため、訳語は一般的な例としてお考えください。

 

【貸借対照表に登場する英語についての対日本語訳一覧】

英語

日本語

備考

Balance sheets

貸借対照表

1

Non-current assets

非流動資産

2

Property, plant and equipment

有形固定資産

 

Investment properties

投資不動産

 

Intangible assets

無形固定資産

 

Land use rights

借地権

 

Investment in subsidiaries

子会社株式

 

Investment in associates

関連会社株式

 

Deferred tax assets

繰延税金資産

8

Other receivables

その他の債権

 

Investment securities

投資有価証券

 

Current assets

流動資産

 

Gross amount due from customers for contract work-in-progress

契約業務に係る顧客に対する総債権額

3

Inventories

商品・製品

 

Prepaid operating expenses

前払費用

 

Trade and other receivables

営業債権及びその他の債権

 

Investment securities

有価証券

 

Derivatives

デリバティブによる資産

 

Cash and short-term deposits

現金及び現金同等物

4

Assets of disposal group classified as held for sale

売却目的保有に分類される資産

5

 

 

 

Current liabilities

流動負債

 

Provisions

引当金

 

Deferred capital grants

(補助金の)繰延収益

6

Income tax payable

未払法人税

 

Loans and borrowings(Short-term debt)

(短期)借入金

 

Gross amount due to customers for contract work-in-progress

契約業務に係る顧客に対する総債務額

3

Trade and other payables

買掛金及びその他の未払金

 

Other liabilities

その他の負債

 

Derivatives

デリバティブによる負債

 

Liabilities directly associated with disposal group classified as held for sale

売却目的保有に分類される負債

5

Non-current liabilities

非流動負債

 

Provisions

引当金

 

Deferred capital grants

(補助金の)繰延収益

6

Deferred tax liabilities

繰延税金負債

8

Loans and borrowings(Long-term debt)

(長期)借入金

 

Other payables

その他の負債

 

Equity attributable to owners of the Company

親会社に帰属する資本金及び剰余金

7

Share capital

資本金

 

Treasury shares

自己株式

 

Retained earnings

利益剰余金

 

Other reserves

その他の積立金

 

Reserve of disposal group classified as held for sale

売却目的保有に分類されるグループに関する積立金

5

Non-controlling interests

非支配持分

7

 

 

【備考欄の解説】

1 Balance sheets 貸借対照表

シンガポールでは、連結財務諸表であってもBalance sheetという見出しから始まり、連結の残高(Group)と親会社の残高(Company)をそれぞれ開示している例を多く見ます。

一方、損益計算書とキャッシュ・フロー計算書は連結の数値のみの記載となっている例が多いです。

なお、日本では流動資産→固定資産→(繰延資産)→流動負債→固定負債→純資産の順に開示されますが、国際財務報告基準(IFRS)では、特に規定がないため、いくつかのパターンがあります。

 

2 Non-current assets 非流動資産

固定資産のことです。Fixed assetsやLong term assetsと表示する場合もあるかと思いますが、国際会計基準ではNon-current という表現を使っています。

 

3 Gross amount due to customers for contract work-in-progress     契約業務に係る顧客に対する総債務額など

国際会計基準第11号の規定により、工事進行基準による収益認識をする場合に表示される科目です。なお、日本ではこのような表示はありません。

なお、契約業務に係る顧客に対する総債権額とは、「工事の原価+利益-中間請求額」を意味しています。

 

4 Cash and short-term deposits 現金及び現金同等物

日本で言う現金及び預金(現金預金)と同様に解してください。

 

5 Assets of disposal group classified as held for sale 売却目的保有に分類される資産など

国際財務報告基準では、売却目的で保有する非流動資産や廃止事業がある場合には別記することが求められていることから、表示しています。実務ではあまり見かけないのではないでしょうか。なお、日本ではこのような定めはありません。

 

6 Deferred capital grants (補助金の)繰延収益

 国際財務報告基準によると、政府から補助金を得た場合は、補償対象となる費用に対応させるため、対象となる資産の減価償却にあわせて収益へ振り替える場合があります。このときに、将来の収益となる金額が繰延収益として負債に計上されます。日本においては、繰延収益という概念が日本の会計基準や実務で導入されていません。

 

7 Equity attributable to owners of the Company  親会社に帰属する資本金及び剰余金

 国際財務報告基準では、連結貸借対照表を作成する場合、親会社に帰属する発行済み資本金及び剰余金や非支配持分残高(昔は少数株主持分と呼ばれていました)を表示するように求められています。

 

8 繰延税金資産と繰延税金負債

 日本では、繰延税金資産や負債に関連した資産・負債の分類に基づき、繰延税金資産については流動資産または固定資産として、繰延税金負債については流動負債または固定負債として表示しなければならないこととなっています。

しかし、国際財務報告基準では、すべて非流動資産もしくは非流動負債の部に表示することとなっています。

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

 

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

2016年9月2日(金) 15:00~17:00 

日本親会社・シンガポール子会社で気をつけたい税務・労務・ビザ・会計監査などのあれこれセミナー【ライブ中継で東京・静岡同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280902/

 

2016年9月29日(木) 14:00~17:00

失敗事例から学ぶ!ベトナム進出セミナー【ライブ中継で東京・静岡同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280929/

 

2016年9月30日より

海外進出企業様向け 個別相談会 S k y p e を使ったご相談も対応可能です。

http://toma.co.jp/pdf/2016outboundsoudan.pdf

 

2016年10月19日(水) 14:30~17:00

国際弁護士が解説する 海外進出トラブル事例セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h281019/

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。http://toma.co.jp/pdf/2016outboundsoudan.pdf http://toma.co.jp/pdf/2016outboundsoudan.pdf


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る