投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

海外の会計ソフト【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


今回は、海外進出した企業が使う会計ソフトについてご説明します。

日本企業が海外進出をして、自ら記帳を行う場合どの会計ソフトを使ったらよいかという質問を受けることがあります。

 日本では弥生会計やPCAなど各種会計ソフトメーカーがしのぎを削っており、使いやすい会計ソフトが流通しています。

しかし、シンガポールを例に取ると、ちょっと複雑な事情が生じてしまいます。

 ・機能通貨(どの通貨で帳簿を作成するか?)の問題

シンガポールの会計基準では、たとえシンガポール法人であっても、主要な得意先とUSドルで取引をしている場合などは、USドルでの記帳を求められるケースがあります。

その場合、売上はUSドル、人件費の支払いや家賃の支払いはシンガポールドル、場合によっては日本円で決済など、複数の通貨が絡んでくることになります。

このようなケースにおいて、日本の会計ソフトでは入力が煩雑になる傾向があります。

なお、シンガポールドルのみ、もしくは日本円で記帳すればよい場合、日本の会計ソフトを使って記帳することも可能なため、日本の会計ソフトで記帳されている実例もあります。

機能通貨という概念については、下記のブログをご覧ください。

http://toma.co.jp/blog-toma-singapore/%E6%B5%B7%E5%A4%96%E3%81%AE%E4%BC%9A%E8%A8%88%E5%B8%B3%E7%B0%BF%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%AE%E9%80%9A%E8%B2%A8%E3%81%A7%E8%A8%98%E5%B8%B3%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F/

 

・GST(シンガポールにおける消費税)の申告について

シンガポールにおいては、GST登録業者の場合、3ヶ月に一回GSTの申告をする必要があります。

GST申告をするには、会計ソフトからGST情報をアウトプットできる必要がありますので、シンガポールで普及している会計ソフトを用いたほうが便利です。

私見ですが、その地域で普及している会計ソフトを使うのが無難だと思います。

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/tomaglobal/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

4月12日(水) 15:00~17:00

平成29年度 法人の国際取引に関する税制改正セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h290412/

 

5月12日(金) 15:00~17:30 

シンガポール進出2017年最新事情セミナー 【東京のセミナーを静岡でライブ中継】

http://toma.co.jp/seminar/h290512/

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る