投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

日本市場シュリンク(Shrink)現象? ~シンガポールと日本の企業数増減比較~【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【日本がシュリンク化している?】 1100

最近お客様とお話をしていますと、“日本はシュリンク(Shrink)している”(注:シュリンクとは英語で縮むもしくは小さくなるとの意味。市場縮小のことでしょうか)旨の話題を多く聞きます。私も気になっていたので、今回はシンガポールと日本の企業数を簡単に比較してみました。

 

【シンガポールと日本の統計】

まずシンガポールの統計です。ACRA(Accounting and Corporate Regulatory Authority、企業を監督し登記を管理している官庁)のBusiness Statisticsによると下記のとおり企業数は増加傾向にあり、4%程度の伸びを示しています。

年月

登録数

増減率

2014年2月

429,795

2014年8月

447,661

4.15%

 

これに対し、日本の国税庁の会社標本調査結果によると、平成22年度から3年連続で減少しています。昭和26年からのデータを確認しましたが平成21年度分までは毎年増加していました。昭和の時代は増加率8%のときもありました。

年度

法人数

増減率

平成20年度分

2,597,108

0.35%

平成21年度分

2,610,709

0.52%

平成22年度分

2,580,354

△1.16%

平成23年度分

2,570,490

△0.38%

平成24年度分

2,525,984

△1.73%

 

 

法人数の比較からみると、日本がシュリンクしていることが裏づけられていることがわかり、ショックを受けてしまいました。

シンガポールに居住しつつアジア各国も訪問している筆者の感覚としても、日本には活気を感じないときがあります。

 

日本市場の伸びが期待しづらいので、日本でオンリーワン、ナンバーワンを目指したり、海外市場に進出するなど、会社も個人も戦略をしっかり練るのがいいかもしれません。

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループセミナー案内:年間200回以上開催しています。このうち弊社主催のセミナーについてご案内します】

http://toma.co.jp/seminar/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る