投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

役員報酬に関する課税関係 Taxes on Director’s Fee 【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


【はじめに】

今回は、日本とシンガポールにおける役員報酬に関する課税関係について、具体例を交えながらご説明します。

 

【設例】

日本で代表権をもつ常務取締役が、シンガポール法人の社長として赴任したケースを例とします。

日本法人から支給される日本法人の役員報酬が10,000,000円、シンガポール法人の役員報酬が100,000シンガポールドルとしましょう。

なお、当該役員は通常シンガポールに住むとともにシンガポール法人に勤務していますが、年間80日程度日本に戻ります。

 

【日本の税法による課税関係】

当該役員は、1年以上日本を離れ、シンガポールで勤務することを前提として出国していますので、日本の所得税法上、非居住者として扱われます。このため、通常は日本国内で生じた所得(国内源泉所得といいます)にのみ課税されることとなります。

 

当該役員は、シンガポールの銀行口座へ日本法人の役員報酬が10,000,000円、及びシンガポール法人の役員報酬100,000シンガポールドルが振り込まれています。役員報酬は共にシンガポール払いで日本で支払いが行われていないため、一見すると、日本では課税されないように見えます。

 

しかし、日本法人の役員の場合、海外勤務中に日本法人の役員報酬10,000,000円をシンガポールで受け取る場合でも、支払われた場所にかかわらず、当該報酬は日本の国内源泉所得とされます。このため、日本法人側では、シンガポールの銀行口座に報酬を支払う際に、20.42%の税率で源泉徴収(所得税法第212条、第213条)をする必要があります。

 

なお、シンガポール法人の役員報酬100,000シンガポールドルについては、非居住者が受け取る国外の源泉所得となりますので、日本では課税されません。

 

【シンガポールの税法による課税関係】

当該役員は、シンガポールに285日(365日-80日)程度滞在することとなりますので、シンガポールの居住者として扱われます。このため、シンガポール法人勤務により生じた所得について課税されます。

 

シンガポールの税法によると、役員報酬(Director’s Fee)については、シンガポール法人の役員報酬であれば課税される旨が定められています。このため、シンガポール法人の役員報酬100,000シンガポールドルについて、シンガポールの課税所得となり、シンガポール居住者に適用される税率で課税されることとなります。

 

Where director’s fee is taxable in Singapore, it will be treated as income of the year in which you are entitled to the fee. This is usually the date of the company’s annual general meeting or when the director’s fee is approved by the board of the company.

 

なお、日本法人から支給される日本法人の役員報酬が10,000,000円については、シンガポールの課税対象とはなりません。なぜなら、シンガポールの税法によると、役員報酬の課税は、法人の所在国で課税すべきという方針があるためです。

 

Generally, director’s fees are sourced in the country where the company is resident. This is because all the functions of the directors in determining and controlling activities to earn the profits of the company are carried out in that country

 

詳細は、下記のサイトをご覧ください。

https://www.iras.gov.sg/irashome/Individuals/Locals/Working-Out-Your-Taxes/What-is-Taxable-What-is-Not/Employment-Income–Salary–Bonus–Director-s-Fees–Commission–etc–/

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

6月22日(水) 14:00~17:00 (受付13:30~)

ASEAN各国の子会社管理および日本の労働法セミナー【東京のセミナーを静岡でライブ中継!】

http://toma.co.jp/seminar/h280622-2/

 

7月12日(火)

日本時間15:00~17:00 (受付14:30~)

シンガポール時間14:00~16:00 (受付13:40~)

わかりやすい国際相続と節税セミナー【ライブ中継で東京・シンガポール同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280712/

 

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る