投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

就労ビザ最低給与額の更新情報 Update to Employment Pass Salary Criteria【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

シンガポール行政庁であるMOMより、Employment Pass(就労ビザの一種で役員、マネージャー、専門職向けのビザ)の発給条件となる月額給与下限が2017年1月1日から$3300から$3600に引き上げられる発表がありました。

なお、ビザの更新をする方には一定の猶予期間があります。

これは、シンガポール人の給与水準の上昇に伴った改正で、過去にも同様の改正をしているとのことです。

シンガポールMOMからのニュースリリースは下記の通りです。

http://www.mom.gov.sg/newsroom/press-releases/2016/0726-update-to-ep-salary-criteria

 

シンガポールでいろいろな記事を読んでいますと、さまざまな憶測がされています。ここで、シンガポールMOMから発表されている文章を全文アップさせていただきます。

行政側からは、EPの給付を厳しくするといった発表は今回のリリースにはされていません。

ビザについては、事実を一度整理されることをお勧めします。また、事前にSelf-Assessment Tool(11月までに更新されるとの告知がある)を試してみてください。

 

  1. From 1 January 2017, the qualifying salary for Employment Pass (EP) applications will be raised from $3,300 to $3,600. This change is part of the Ministry of Manpower’s (MOM) regular updating of the EP qualifying salary to keep pace with rising local wages, maintain the quality of our foreign workforce and enhance their complementarity to the local workforce.

 

  1. MOM’s manpower policy framework is designed to meet the manpower needs of the economy, so that businesses can stay competitive and grow, and ultimately create more and better jobs in Singapore. The previous minimum EP qualifying salary update was in Jan 2014, from $3,000 to $3,300.

 

  1. With effect from 1 January 2017, only new EP applicants who can command a monthly salary of $3,600 or more, subject to meeting other criteria on qualifications and experience, will be considered. Those with more years of experience are also required to command higher salaries commensurate with their work experience and skill sets, as per current practice.

 

  1. We will provide lead time for businesses to make adjustments. Existing EP holders whose passes expire:
    1. Before 1 January 2017: Will be able to renew, for a duration of up to three years, based on existing EP criteria.
    2. Between 1 January 2017 and 30 June 2017 (both dates inclusive): Will be able to renew, for a duration of one year, based on the existing EP criteria.
    3. 1 July 2017 onwards: Will have to meet the new criteria for renewal, for a duration of up to three years.

 

5.Employers are encouraged to use the Self-Assessment Tool (SAT) on the MOM website to assess if their EP candidates will meet the new salary criteria. The SAT will be updated by Nov 2016.

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

2016年9月2日(金) 15:00~17:00 

日本親会社・シンガポール子会社で気をつけたい税務・労務・ビザ・会計監査などのあれこれセミナー【ライブ中継で東京・静岡同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280902/

 

2016年9月29日(木) 14:00~17:00

失敗事例から学ぶ!ベトナム進出セミナー【ライブ中継で東京・静岡同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280929/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る