投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

国別報告事項 連結総収入金額 【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

今回は国別報告事項の連結総収入金額についてお話をします。

 

平成28年度の税制改正により,平成28年4月1日以後開始する会計年度分から,一定の多国籍企業グループの最終親会社等は,「国別報告事項」の提供が義務付けられました。

詳細は、下記の弊社ブログをご覧ください。

http://toma.co.jp/blog-toma-singapore/%E5%B9%B3%E6%88%9028%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E7%A8%8E%E5%88%B6%E6%94%B9%E6%AD%A3%E5%A4%A7%E7%B6%B1%E3%81%AE%E3%81%86%E3%81%A1%E3%80%81%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%AA%B2%E7%A8%8E%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99-2/

 

いわゆる移転価格税制に係る文書化義務について、国別報告事項の提供が必要となるのは,直前会計年度の連結総収入金額1,000億円以上の多国籍企業グループとなっています。

ここで、連結総収入金額とは、うっかりすると連結財務諸表の売上高と思ってしまいます。

しかし、連結総収入金額には,売上高のほか,営業外収益や特別収益に計上されるような、受取利息及び有価証券利息,受取配当金,有価証券売却益,為替差益,引当金戻入益,持分法による投資利益,固定資産売却益,負ののれん発生益などの科目により,連結財務諸表に計上した全ての収益の額が含まれます(租税特別措置法関係通達(法人税)66条の4の4-1)。

 営業外収益や特別利益が多い会社については注意が必要かもしれません。

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、toma@toma.co.jp まで。

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

2016年9月2日(金) 15:00~17:00 

日本親会社・シンガポール子会社で気をつけたい税務・労務・ビザ・会計監査などのあれこれセミナー【ライブ中継で東京・静岡同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280902/

 

2016年9月29日(木) 14:00~17:00

失敗事例から学ぶ!ベトナム進出セミナー【ライブ中継で東京・静岡同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280929/

 

2016年9月30日より

海外進出企業様向け 個別相談会 S k y p e を使ったご相談も対応可能です。

http://toma.co.jp/pdf/2016outboundsoudan.pdf

 

10月19日(水) 14:30~17:00

国際弁護士が解説する 海外進出トラブル事例セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h281019/

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る