投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

ホームリーブ(Home Leave)に対する所得税の課税。日本とシンガポールの扱い【TOMAシンガポール支店 日本公認会計士駐在の税務会計事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

複数年勤務することが想定されている駐在員が、1年に一度母国へ帰国する際の交通費を会社が負担する、いわゆるホームリーブ(Home Leave Passage)に関する駐在員への所得税の課税について、日本とシンガポールの税制を比較しながら説明します。

 

【日本の所得税法では?】

例えば、シンガポール人が日本法人に勤務している場合を想定します。この場合、日本の居住者に該当するので、日本法人に勤務することによって得られる給与所得に対して課税されます。

日本の所得税法では、原則、ホームリーブに関する費用については課税されます。

しかし、下記の要件を満たすと、非課税でよいとの決まりがあります。

・長期間滞在している駐在員およびその家族で

・就業規則等で相当の勤務期間(おおむね1年以上の期間)を経過するごとに休暇のための帰国を認める旨の記載があり

・経済的合理的な交通費金額である。

詳細は、下記の国税庁のウェブサイトをご覧ください。

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/shotoku/gensen/750116/01.htm

 

 

【シンガポールの所得税法では?】

例えば、日本人がシンガポール法人に勤務している場合を想定します。日本人はシンガポールの居住者に該当しますので、シンガポール法人に勤務することによって得られる給与所得に対して課税されます。

2017年1月以降のシンガポールの所得税法では、ホームリーブに関する費用については全額課税されます。

以前は年間で1回目の費用については、その費用の20%のみ課税する旨のルールがありましたが、税制改正により全額課税へ変更となりました。

なお、出張目的の費用や赴任するための費用はホームリーブに該当しません。

詳細は、下記の国税庁のウェブサイトをご覧ください。

https://www.iras.gov.sg/IRASHome/Businesses/Employers/Tax-Treatment-of-Employee-Remuneration/Air-Passage/

 

【Q&A】

(Q1)

私は日本法人に勤務するブラジル人です。日本からアメリカ経由でブラジルへ一時帰国しましたが、アメリカからブラジルへ向かう飛行機が大幅に遅れてしまい、アメリカで急遽1泊することとなりました。日本法人は宿泊費を負担してくれましたが、日本での所得税申告の際に宿泊費は課税されるのでしょうか?

(A1)

課税されません。

航空機等の乗継地においてやむを得ない事情で宿泊した場合の宿泊料については課税されません。

 

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/tomaglobal/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

 

【TOMAグループお薦めセミナーなど】

6月29日(木)、8月3日(木)、8月25日(金)

【外資系企業向け】 税務・会計・監査お悩み相談会

http://toma.co.jp/seminar/fcconsul/

 

7月12日(水)

<東京会場>14:00~16:30 (受付13:30~)

<シンガポール会場>13:00~15:30 (受付12:30~)

海外赴任と外国人雇用丸わかり!セミナー【東京のセミナーをシンガポールでライブ中継!】

http://toma.co.jp/seminar/sin05/

 

7月 6日(木)、8月 3日(木)、8月25日(金)

インド進出企業向け 個別無料相談会

http://toma.co.jp/seminar/indiaconsul/

 

 

【弊社サービスのご案内】

シンガポール日本企業様向けセカンドオピニオンサービス 月額400SGDより

お問い合わせは、http://toma@toma.co.jp 

まで。

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る