投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポール現地法人の決算書の開示【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

シンガポールに進出された企業の皆様が驚くことの一つに、シンガポールの決算書の開示制度があります。

【シンガポール法人の決算書の開示】

シンガポールに会社を設立した場合、定時株主総会の日から30日以内に決算書等をACRA(Accounting Corporate Regulatory Authority、日本でいうと登記所に相当)に備え置く必要があります。

【他のシンガポール法人の決算書が入手できる】

ACRAに提出された決算書は、SingPass(※1)保有者であれば誰でも、ACRAのウェブサイトから有料で入手できます。

日本では登記所にいっても決算書が閲覧できることはありませんが、シンガポールでは上場会社でない場合でも、原則として監査済みの決算書が開示されています。

情報の開示の観点からいうとシンガポールは日本より大幅に進んでいる国と言えます。

シンガポールで新たな得意先と取引をする場合など、他の会社の状況を知るために、決算書を購入している方もいらっしゃいます。

(※1)SingPassとは、シンガポール国民や労働ビザが支給されている外国人に付与される暗証番号。行政上のサービスをオンラインで受ける際のPasswordとしての機能を持っている。

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループセミナー案内:年間200回以上開催しています。このうち弊社主催のセミナーについてご案内します】

http://toma.co.jp/seminar/

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る