投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポール会社法改正 支店についての各種変更【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

【はじめに】

今回は2015年7月及び2016年1月に行われたシンガポール会社法改正のうち、支店について(シンガポール会社法では外国会社として規定)の変更点をご説明します。

 

【会社法改正前】

本店の役員の他、シンガポールに居住しているローカルエージェントを2名選任する必要がありました。

 

【会社法改正後】

シンガポールに居住するAuthorised representativeを1名選任することとなりました。名称変更については、シンガポール登記局ACRAによると以前より代理人の役割を強化する姿勢を示すために名称を変更したと記述されています。以前は2名代理人を探す必要がありましたが、1名で済むことになったことは朗報です。

詳細は下記のサイトをご覧ください。

会社法改正によるFAQ

https://www.acra.gov.sg/FAQs_CA_phase_2.aspx

 

 

【他の変更点もあります】

代理人の人数減という朗報がある一方、本店の英訳決算書をACRAに提出する際に、本国で求められている財務諸表(financial statements)を提出しなさいと明記されました。

会社法改正前は、貸借対照表と損益計算書を英訳して提出していれば何も言われませんでした。

しかし、会社法改正後は財務諸表を提出しなさいと明記されてしまったので、貸借対照表・損益計算書のみならず、少なくとも株主資本等変動計算書及び個別注記表まで必要との解釈が成りたってしまいます(会社法計算書類規則第59条第1項)。

筆者も会社法改正後に本店の英訳計算書を提出しようとしましたが、キャッシュ・フロー計算書はなぜないのかと尋ねられ、ちょっと面倒なことになりました。一応ACRAに受理されましたが、今後なんらかの連絡があるかもしれません。

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務のご説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらです。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

 

【TOMAグループお薦めセミナー】

3月25日(金) 15:00~17:30

ベトナム進出への留意点!セミナー 【ライブ中継で東京・静岡同時開催】

http://toma.co.jp/seminar/h280325/

 

4月6日(水) 13:20~15:20

アジア各国比較!地域統括会社の活用セミナー

http://toma.co.jp/seminar/h280406/


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る