投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポール事情~No.2 「シンガポール・マレーシア視察ツアー」【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

 第2回目の今回は、11月13日から16日まで行われる「シンガポールツアー」でご案内いたします「イスカンダル・マレーシア」のお話をさせていただきます。

 この「イスカンダル・マレーシア」は、マレーシア政府がシンガポールと進める地域開発でなんとシンガポールの3倍の面積にあたる22万ヘクタールの広大な用地の開発です。この地域は、”The World in One City” というコンセプトを元に、商業、教育、医療、娯楽、観光といった様々な分野を有機的に結びつけた都市開発が行われています。

具体的には

①   
学術都市のエデュシティにはマレーシアの重点産業に関連する国際的な大学などの教育機関を誘致し、ニューカッスル大学やマルボロカレッジといった名門校がすでに開校しております。

②   
レゴブロックのレゴランドや日本人にはなじみの深いサンリオのハローキティタウンの開園によって、週末はシンガポールから観光客が多く訪れています。

③   
生活施設はまだまだこれからの部分もありますが、イオンやダイソーもすでにオープンしております。

  そのほか、マレーシアやシンガポールの大手医療機関が進出を検討しているようです。不動産バブルが少し心配ですが、一見の価値があると思います。不動産価格はシンガポールと比べると五分の一程度は離れています。当然物価もシンガポールとはかなり違います。

  現在はシンガポールの方が不動産を購入されているケースが多いようですが、最近は日本人や欧米の方々からの問い合わせが多くなっているようです。皆様の何かのご参考になればと思います。

 

  また、話は変わりますが、今回のツアーではアジアで事業を始めるにあたりサポートが必要となる会計・税務・法務・金融の専門家をご紹介していきたいと思っております。内容としては、海外進出についてのメリット・デメリットについて実例を挙げてお話をしていただく予定です。今まで漠然とした海外進出について具体化し、また、本当に進出して良いのかどうかの一助になればと考えております。当たり前のことかもしれませんが、シンガポールと日本では国が違いますので法制度や文化が違います。日本での考えを変える必要もでてきます。

  例えば、シンガポールでは

・人件費が高い、人にやめてもらうのは簡単だが、逆に簡単にやめてしまうというデメリットもある。

・非上場会社でも監査が必要

・税金面では基本的に減価償却が認められていない

などあげればきりがありません。次回以降、順次お話したいと思いますが、このツアーに限らず個別でのご案内やご相談も可能ですので、お気軽にご連絡ください。

  次回は最初の入り口である「会社の設立」についてお話したいと思います。

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループセミナー案内:年間200回以上開催しています。このうち弊社主催のセミナーについてご案内します】

http://toma.co.jp/seminar/

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る