投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポール事情~第17回「食事について」【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

今回はより生活に密着したお話ということで衣食住の食事のお話をしたいと思います。

住については第一回をご覧ください。私見になりますので、内容については大目にみてください。

シンガポールの特徴は多国籍というところでしょうか。

中華料理が最もポピュラーな料理かと思いますが、それ以外に、日本料理はもちろん韓国料理、マレーシア料理、イタリア料理など、日本と同じかそれに負けないぐらい充実していると思います。

ただし、値段は日本の1.5倍ぐらいします。これが一番のネックですね。もちろん為替の影響によっても変わってきますが、日本円でお給料が固定されている従業員は円安になればなるほど現地での手取りのドルが減るので生活が厳しくなってきます。今年イギリスのとある雑誌で世界一お金がかかる国となりましたが、通常のサラリーマンにはきつい状況です。

また、日本と違うところは働く人自体が多国籍というところです。私の会社もシンガポール人、マレーシア人、ミャンマー人など多国籍です。したがって、ホーカーという日本でいうフードコートが沢山あります。ここは各国の料理が集まっており、それぞれが自分の食べたい料理を買って一つの席で食べるというスタイルです。多国籍国家ならではのシステムかなと感じています。

日本系のスーパーもあるので、家で和食を作ることも可能です。自分のスタイルにあわせられるのではないでしょうか。

書き忘れましたが、シンガポールの有名な料理は皆さんご存知のチキンライスやチリクラブですね。こちらはどちらも私の口には合いました。皆さんも来ていただければ、新しい発見があると思います。

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループセミナー案内:年間200回以上開催しています。このうち弊社主催のセミナーについてご案内します】

http://toma.co.jp/seminar/

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る