投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

シンガポールから発信!アジア各国の最新ビジネス情報:シンガポール

シンガポール事情第11回外国人雇用者税【TOMAシンガポール支店 公認会計士駐在の会計・税務事務所】


税務・労務からビザまでまとめて解説「海外赴任と外国人の雇用」世界進出の第一歩:無料冊子ダウンロードはこちら

今回は外国人を雇用した場合に必要となってくる技術開発税(Skill Development Levy: SDL)についてお話したいと思います。従業員の雇用に関連して課される納付金です。

1)概要

外国人従業員を雇用する場合には、技術開発基金を納付しなければいけません。金額は賃金によって異なってきます。

例えば、月額賃金がS$4,500(S$1=80円とすると、360千円)以下の従業員を雇用する会社は、その従業員給与の0.25%またはS$2のいずれか多い金額を技術開発基金として納付する必要があります。

 また、S$4,500を超えた場合には一人につきS$11.25となります。

2)計算例

①月額S$2,000で外国人を一人雇用した場合・・・・S$5 ※1

※1 S$2,000×2.5%=S$5>S$2  

②月額S$5,000で外国人を一人雇用した場合・・・・S$11.25

③①②の合計2名を雇用した場合

S$5+S$11.25=S$16.25

注意点としては

①日本人も当然外国人ですので、発生します。

①毎月発生します。翌月の14日までに支払う必要があります。

その他、外国人労働者税(Foreign Worker Levy: FWL)が発生するケースもあります。

また、FWLについては本年度の税制改正で2016年7月1日より増額する決定がなされております。

税金以外のコストについてもご検討を忘れずにしてください。

【国際税務メルマガのご案内】

弊社では月1回程度、国際税務に関する事項をブログで配信しております。最新情報もチェックできます。

メールマガジン 「国際税務!ココが知りたい」の登録はこちらになります。

http://www.toma.co.jp/mail-magazine/

 

【Facebook ページ Toma Global Service】

https://www.facebook.com/Toma-Global-Service-452415411609351/

 

【Facebook ページ Tomaコンサルタンツグループ】

https://www.facebook.com/tomaconsul/

 

【Japan Tax Guide – for Beginners – 英語による日本の税務の説明ブログ】

http://toma.co.jp/category/blog-jtg/

 

【TOMAグループセミナー案内:年間200回以上開催しています。このうち弊社主催のセミナーについてご案内します】

http://toma.co.jp/seminar/

 


無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る